アイデア流木インテリアって⁉マツコの知らない世界

1月21日は「マツコの知らない 流木インテリアの世界」です。流木とはその名の通り,漂流してきた樹木で海や川で拾えるものですよね。台風などの自然災害で流木は処理に困るものとも思われますが,最近ではこの流木を利用したアートがブーム?になっているようですよ。

今回のマツコの知らない世界では流木インテリアが紹介されます。マツコさんが全部買い取りたいというほどの魅力ある流木インテリア。一体どんなものなのでしょうか。気になりますね。番組より一足先に調べてみました!

マツコの知らない 流木インテリアの世界

『マツコの知らない世界』1/21(火) 可愛くて美味しい「深海魚の世界」&究極の癒し!!「流木インテリアの世界」【TBS】

番組HPより(https://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/)

『流木に魅せられて流木家具作家に転身した元体育教師、高江友作さんが登場!個性的だが、温もりと癒しを感じさせてくれる流木インテリアをご紹介。マツコ、流木インテリアに癒される!?』

同じものは2つとない流木。流木で作ったインテリアはもちろん世界に1つだけなのです。

マツコさんが思わず「揃えちゃいたい!」というほどの可愛さあふれる流木インテリアの数々がスタジオに登場するようです。

元々アーティストではなく,体育教師だった高江さんが魅せられた流木。

どんな癒しや魅力があるのでしょうか。

高江友作さんとは?

流木との出会いが,高江さんを体育教師から流木家具作家に転身させたそうです。

高江さんは一人で静岡の山奥で流木や原木を生かした家具や作品作りを行っているそうです。

https://www.tomosakutakae.com/pages/2603459/page_201902131147

個展を行ったりもしているようですね。

高江さんのインスタグラムをのぞいてみると,靴を履いた流木たちを見ることができます。

View this post on Instagram

この作品ができてから、様々な申請手続きを経てもうすぐ一年。 ようやく手続きの結果が揃ってきました。 一生この作品をつくり続けていきたいとの想いも込めて、靴の裏にはシリアルナンバーを入れてあります。 一つずつ少しずつ、このTstoolが世に広まってくれたら嬉しい。 自分が生きている間にT999までつくりたい。 #Tstool #Tスツール #身体測定 #体重計 #計量 #T016 は #気をつけ #attention #座面と靴はクルミ #足は流木 #woodwork #driftwoodworking #driftwoodfurniture #woodstool #woodshoes #wallnutshoes #furniture #stool #スツール #tomosakutakae #高江友作 @wood_art_hermit

A post shared by TOMOSAKU TAKAE / 高江友作 (@tomosakutakae) on

 

何とも不思議な作品ですよね。一つ一つ似ているけど,違うんですよね。そしてテーマがあるようですよ。

全て流木で作られているとのことですが,節の部分がまるで膝のようですよね。

靴の裏にはシリアルナンバーが入れてあるそうで,目標は『T999』だそうですよ。ちなみに,2019年12月4日には『T015』がアップされています。

 

流木インテリアってどんなのがあるの?

高江さんのインテリアはベンチ・スツール・ランプ・本棚と様々なものが番組で紹介されようです。

かわいくて癒されるというこの流木インテリア,私も欲しいと思いましたが,なかなかの大きさのため,残念ながら我が家にはちょっと無理そうです。

でも,もっと手軽な流木インテリアもあるようですよ。

 

流木ハンガーです。子供でも作れていいですよね。

洋服用から,アクセサリー用まで用途色々ですね。

 

https://twitter.com/real21471205/status/1217808228374859776

水槽に流木を入れるだけでもオシャレな感じになりますね!

 

 

流木と照明のコラボはオシャレ度が急にアップしますよね。

そして,誰でも簡単にできるというのが嬉しいですよね。

ベンチを作った方もいますね。材料費ゼロでこのクォリティーはすごいですね。

流木が買える⁉

流木はタダで使えるのがメリットと私は思ったのですが,なんと流木を取り扱っているお店もあるようです。

結構いいお値段がするんですね!驚きました。でも,なかなか材料を調達できない方や欲しい形があれば便利なお店ですよね。また,あく抜きなどの処理を行ってくれている場合もあるそうです。拾ってきたままだと,汚れがあり,いい艶も出ないそうです。

流木インテリアは材料集めも楽しめますし,材料は購入して,作ることを楽しむということも出来ますよね!

マツコの知らない 流木インテリアまとめ

今回は,マツコの知らない 流木インテリアを調べてみました。実は流木インテリアはブームだったんですね。

木の自然なぬくもりが癒しになること間違いなし。

マツコさん絶賛の流木インテリア。高江さんの語るその魅力が楽しみですね。