子育てで大変なことって?男女で違う悩み

子供が生まれる前、

産まれてからの、明るくて楽しい毎日を想像して

理想の母親像描いたりして、夢と希望に満ち溢れていませんでしたか?

 

私はそうでした。

 

子供が産まれたら、どんなことをしようかな。

沢山お出かけして、離乳食はどんなものを作ろう。

 

幼稚園、保育園い行き始める頃にはオソロコーデしたいな。

なんて未来にワクワクしていました。

 

でも、実際我が子が生まれてきたら。

もちろん可愛くてしょうがない我が子。

それは変わらない事実ですが、何をして欲しいのかわからない。

 

どうしたらいいのかわからない。

そんな、わからない事だらけだったんです。

 

という事で、

私の感じた性別ごとの悩みをご紹介したいと思います。

どういうこと?男の子って謎だらけ

男の子って母親にとってなんだか

特別に可愛く感じるものらしいんです。

 

実際私もそう感じることは多々あります。

 

異性だからでしょうか?

なんだか可愛いんですよね。

憎めないというか。

 

6歳になった息子は

好きな女の子ができて

少しずつ男らしくなってきました。

 

男の子を育てる母親が悩むことといえばなんでしょうか。

 

  • オムツやトイレ
  • 暴力
  • 言葉遣い

 

が私が悩んだことでした。

 

オムツやトイレの理由はもちろんアレです。

母親にはないんですもの。

扱い方なんて、知るわけがありませんよね。

 

そんな時は、まずパパに聞きましょう。

パパにはあるし、一番の理解者!

わからないことは、とりあえずパパに相談。

 

それでもわからない時は、

パパのママ、おばあちゃんに聞いてみましょう。

 

ネットで検索もできますが、

色々教えたりするのは、やっぱりわかる人!

わからないママは、敵わないんですよね。

 

 

暴力や、言葉遣いは、

幼稚園、保育園に通いだしてから悩んでいます。

現在進行形ですが。

 

友達と一緒に「戦いごっこ」をしたり、

遊びの延長から殴り合いになったりと、

意外と暴力的な遊びをしてたりするんですよね。

 

すると、

力が強い=カッコイイ

A君を泣かせてやった。強いだろ!

のような方程式が出来上がるようです。

 

うちの息子も、そう思っています。

しかし、実際泣かせることが強いのは間違い。

 

目撃していれば、その場で注意できますが、

そういうわけにもいかないのが現実。

 

そんな時は、

怒る、叱るのではなく、

しっかり子供と向き合ってお話をしてあげてください。

 

「強い」っていうのは

人を泣かせることじゃないんだよ。

 

そういって説明してあげてみてください。

我が家は、

プロのボクサーは試合以外では殴らないんだよ。

本当の強さは試合でしか使わないの!

と例え話をだしたりします。

 

根気がいりますし、

なかなか難しいですが、

ちゃんと話せばわかってくれるのが子供です。

 

うちの息子は、これで少しずつですが、

改善されてきています。

 

それから、力を使う場を設けてあげるのも良いですね。

存分に力を使える事をさせてあげる。

 

公園に行って、たっぷり遊んでもらう。とか

力が持ちだから、これ運んでくれない?とお願いしたり。

 

男の子って、やっぱり頼られると嬉しいみたいです。

 

男の子の子育てに必要だ。と思うのは

「体力と忍耐」それから

「上手におだててあげること」なのかな。

と思います。

 

その辺が、難しいんですけどね。

こんなはずじゃなかった!!実は難しい女の子

女の子って、おませさんですよね。

とってもおしゃべりで、オシャレが大好き!

さらに、ママの完全コピーがとっても上手。

 

とっても可愛い娘なのに、ケンカばっかり。

もううんざり!

 

うちの娘は3歳ですが、私と対等にケンカになったり。

 

なりません?

 

赤ちゃんの頃は特別に悩む事も少なく、

可愛くてしょうがなかったのに。

 

最近すごく神経を逆なでされる感じがする。

 

同性だからでしょうか。

女の戦いというか、自分そっくりだからなおさらでしょうか。

 

  • 生意気な口答え
  • 図星を付いてくる

 

私が頭を悩ませたのは、

こんなところでしょうか。

 

二人きりだと、楽しく過ごせるのに。

と感じることが多かったんです。

 

なんでそうなるのかな。と考えた時に

ある時気づいたんです。

 

二人っきりで仲良く過ごせるのであれば、

そういう時間を作れば良いじゃないか!

となったんです。

 

パパにお願いして二人だけでデートしてみたんです。

 

ケンカになることもなく、

沢山お話しして、沢山笑って、

娘の可愛いところを沢山見ることができました。

 

自分の完コピにイライラすることもありましたが、

こうやってゆっくり穏やかに過ごす時間や

しっかり向き合う時間を取ることで、

お互い嫌な気持ちになったりするのを、

格段に軽減できるのではないでしょうか。

 

ゆっくり二人でデートなんてできない!

という方は、

少しで良いので、娘さんの話をゆっくり聞いてあげてください。

 

おしゃべり大好きな女の子。

自分の話を大好きなママに聞いて欲しいんです。

 

うちの娘が一番よく言うセリフは

「もう!ちゃんと話聞いてって言ってるじゃん!」です。

 

うん、うん。と聞いてあげる。

 

女同士として、わかる、気づけることも沢山あります。

 

同じでムカつく!

なんて思いがちですが、

同じだからこそ、理解できるのではないでしょうか。

まとめ|子育てで大変なことって?男女で違う悩み

  • 男の子の謎はパパに相談!
  • 息子の力持ちを頼って、使い所を教えてあげよう。
  • 女の子はお話を聞いてあげることが大事!
  • 女同士だから理解できる
  • 小さくても尊重してあげること!

 

まだまだ子育ては続きます。

 

少し考え方や、接し方を変えるだけでも、

大変なことや悩みは解決に近づきます。

 

子供も一人の人間として、認めてあげて、

お互い笑顔たっぷりで生活していけると良いですよね。