出産時の高額療養費制度の使い方

高額療養費制度と聞いても実際いったいなんなのかわからない
難しそうな手続きなんじゃ?なんて人多いんじゃないでしょうか。

 

実際私も切迫早産で入院した際利用しましたが、いったいなんなのか?
というのは全然理解できていませんでした。

 

出産時に使えるのか?というところから、

どのように申請するものなのか、まとめてみました。

 

高額療養費制度とは?

高額療養費制度というのは、家計への医療費の負担が重くならないように、

医療機関や、調剤薬局窓口で支払う医療費が、

1ヶ月の間(1日〜末日まで)に、上限額を超えた場合、

その超えた分を支給する制度のものです。

 

上限金額は

・年齢

・所得

に応じて決められています。

 

 

高額療養費制度の申請の仕方

高額療養費制度が何かわかったところで、申請方法がわからなくては、

制度を利用することができませんよね。

 

では、どのような人が

制度を利用することができるのでしょうか。

 

 

制度の対象となるかどうか

出産時、なんの問題やトラブルもなく出産を終えた場合は、

高額療養費制度の対象にはなりません。

 

  • 帝王切開
  • 吸引分娩
  • 鉗子分娩
  • 骨盤位分娩

などの場合、

出産にかかった医療費は、高額療養費制度の対象になります。

 

また、出産時だけでなく

  • 切迫早産
  • 切迫流産

での治療にかかった費用も

高額療養費制度の対象になります。

 

高額療養費制度の申請方法

事前に申請する

 妊娠中に、切迫早産になってしまったり、

帝王切開での出産が決まったとき。

事前に申請しておけると便利ですよね。

 

私は切迫早産で入院していたときに、

事前に帝王切開になるのが決まっていたので、

入院期間中に申請を終えました。

 

事前に申請ができると、

退院時の支払いを抑えることができます。

 

社会保険に加入している場合は、勤め先の会社、または、社会保険で、
国民健康保険に加入している場合は、それぞれの自治体にて申請をします。

 

加入している保険によって変わりますが、

「健康保険限度額適用認定申請書」

というものを提出することが多いようです。

 

申請書には、

  • 保険番号
  • 捺印

が必要な場合がありますので、

保険証や印鑑があるといいですね。

 

私は入院中だったので、主人が勤め先とやりとりしてくれていて、

手続きが完了していました。

 

会社へ確認する前に病院へ聞いてみるのもいいですね。

 

 

後から申請する方法

妊娠・出産は想像や予定していた通りには進まないものですよね。

陣痛の最中に緊急で帝王切開に切り替えることもあります。

 

その場合、

高額療養費制度の申請は、退院の際の支払いを終えた後に
健康保険窓口にて手続きをします。

 

「健康保険高額療養費支給申請書」

というものを提出することになります。

 

申請するとき

  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 領収書
  • 払い戻し用の口座の通帳やカード

があると、記入がスムーズにできると思います。

 

払い戻しはいつになるのか?

気になるところですが、支給されるまで、

少なくとも約3ヶ月はかかる

と厚生労働省からの通達が出ています。

 

3ヶ月はちょっと長い期間で、

本当に払い戻しを受けられるか不安になりそうですが、

気長に待ってみてくださいね。

 

 

高額療養費の申請する場所は?どこへ行けばいいの?

実際に行くところといえば、

自治体、勤め先の担当部署や窓口、それから病院の窓口くらいです。

 

 

申請は保険証に書いてある保険者が申請先になります。

保険組合や保険協会と書いてあるものが、申請先です。

 

それぞれ担当窓口などが異なりますので記載されている申請先へ、

電話をして確認してみるのが一番です。

 

 

私の場合は、切迫早産で入院が長くなりそうとなったとき、
主人が病院のナースステーションに聞いてくれていました。

 

それから、

事前申請ができる。ということを知ったので、

主人の勤め先の会社に聞いて、申請先に問い合わせ、

申請をし、後日郵送されてきたものを病院に提出。

 

という感じで、事前申請をしました。

 

私自身は入院中ということもあり、

どこかへ出向くということはありませんでした。

 

事前申請をしている場合、退院時の支払いは

  • 自己負担限度額
  • 食事代
  • 保険適用外の費用(差額ベッド代など)

の合計したものになります。

 

 

医療費が上限額を超えるか微妙だな。

といったときにも申請しておいて損はないので

しておけると安心です。

 

 

事後申請の場合、事前申請と違い、いったん医療費の支払いがあります。

 

退院後、保険者に対して「高額療養費の支給」の申請をします。

 

この場合、

医療機関でもらった領収書が必要になりますので、
大切に保管してくださいね。

 

必要書類を事前い準備できるとスムーズに申請ができると思います。

 

申請書などは、加入している保険組合のHPから
ダウンロードすることができる場合もあります。

 

 

窓口での支払いが高額になって厳しい!というときには

「高額療養費貸付制度」

というものもを利用することができます。

 

これは、借金ではなく、高額療養費の前払いと考えていただければOKです。

詳しくは問い合わせをしてみてください。

 

申請には期限はあるの?

高額療養費制度には、申請の期限があります。

 

申請の期限は

治療を受けた翌月1日から2年以内です

2年以上経ってしまうと、出産時の治療に関しての

高額療養費制度の申請ができなくなってしまいます。

 

手続きは意外と簡単なものですので、

後回しにせず、早めに済ませておきましょう。

 

 

まとめ

 

高額療養費制度と名前だけ聞くと

なんとなく難しそうな気がしますよね。

 

でも、実際はとっても簡単な手続きなんです。

 

赤ちゃんの誕生を喜ぶ反面、

高額の医療費を支払うことになると、

これから子育てにお金がかかるのに、

ちょっとお財布寂しくなりますよね。

 

なんのトラブルもなく

出産を終えられるのが一番いいですが、

もし、治療などを受けることになり、

医療費が高くなりそうだな。

と思うことがあれば、

是非申請をしてくださいね。

 

緊急帝王切開など、

事後申請の場合は期限を忘れないよう、

早めに申請することをオススメします。