ホワイトボードをきれいにする方法|汚れの原因や落とし方を調べてわかったこと

ホワイトボードはメッセージを書いて、確認したら消すことができ、繰り返し使えるため便利なアイテムです。

今では100円ショップでも売っていて身近に感じられます。

 

ホワイトボードを使ったことのある人は長い間使っていると、字が消えなくなってしまったり、ホワイトボードが黒くなってしまったり、書いた後が白く跡になってしまったりと汚れてしまったという経験があると思います。

 

ホワイトボードはなぜ汚れてしまうのでしょうか。

ホワイトボードをきれいにする方法はあるのでしょうか。

 

ホワイトボードにまつわることを調べてみましたので、紹介いたします。

 

 

ホワイトボードをきれいにする方法は?

一度汚れてしまったホワイトボードはホワイトボード消しで落とそうとしてもなかなか落ちず、きれいになりません。

 

そんな落ちにくい汚れには水拭きが効果的だそうです。

水をよく絞った雑巾でホワイトボードの汚れているところを拭きます。

こうすることで溜まっていた汚れが落ちるそうです。

 

ホワイトボードの盤面に水滴が残っているとサビの原因にもなるので、水拭き後は必ず乾拭きしましょう。

 

これでホワイトボードがきれいになるそうです。

簡単にできるので、試してみてください。

 

また、水拭きでも落ちなかった頑固な汚れには無水エタノールという薬局などで売っているものを使うと良いそうです。

 

無水エタノールを布に染み込ませ、ホワイトボードを拭き、仕上げに乾拭きをすれば、完了です。

 

これで見違えるほどホワイトボードがきれいになるそうです。

 

まずは水拭きで試してみて、それでも汚れが落ちない場合は無水エタノールを使用し、拭いてみると良いそうです。

 

ホワイトボードの汚れは意外と簡単に落とすことができることがわかりました。

汚れてしまったホワイトボードは諦めずに水拭きしてみようと思います。

 

ホワイトボードの盤面が劣化しないようにきれいにする方法は?

ホワイトボードの盤面が劣化してしまうと文字のノリが悪くなってしまったり、傷がついてしまったりします。

 

間違った方法で汚れを落とそうとすると盤面の劣化が進んでしまいます。

 

汚れが落ちないからといって、メラニンスポンジやアルコールやシンナー、除光液を使うことはおすすめしません。

 

これらを使えば確かに一時的に汚れは落ちますが、盤面のコーティング剤まで一緒に剥がれ落ちてしまい、盤面にも傷がつき、劣化してしまいます。

 

汚れが強い場合にはメラニンスポンジやアルコールなどを使いたくなり、またそれらを使うと簡単に汚れも落ちてしまいますが、盤面を劣化させてしまうので、使用しないようにしましょう。

 

盤面を劣化させずに、きれいにするにはやはり水拭きが1番です。

水拭きで汚れているところを優しく拭きましょう。

このとき、強くゴシゴシと拭いてしまうと盤面に傷がついてしまうので、優しく拭くようにすると良いそうです。

 

汚れが落ちないとついつい強い効果のありそうな材料を使いたくなってしまいますが、ホワイトボードの盤面が劣化してしまったら、ホワイトボードは長持ちしなくなってしまいます。

 

また、落ちないからといってゴシゴシ強く拭くのも良くないことがわかりました。

 

ホワイトボードが少しでも長く使えるように水拭きで優しくこすり、汚れを落とすのが1番だと知ることができました。

 

ホワイトボードが汚れてしまう原因は?対策はあるの?

ホワイトボードをきれいにする方法は分かりましたが、なぜホワイトボードは汚れてしまうのでしょうか。

 

原因と対策が分かれば、少しでもきれいな状態を保つことができます。

 

ホワイトボードが汚れてしまう原因にはいくつかありました。

 

ホワイトボードはマーカーで書いたり消したりしているうちに表面に埃やチリ、ハウスダストなどが付着し、汚れの原因になります。

 

埃やチリは水拭きで簡単に落ちるので、汚れがひどくなる前にこまめに水拭きするようにしましょう。

 

また、マーカーが汚れの原因になる場合もあるそうです。

 

ホワイトボードに使うマーカーは油性で、成分の1つに剥離剤が入っています。

剥離剤が入っていることで、ホワイトボードに字を書いてもインクがきれいに消えるようになっています。

 

しかし、マーカーも長時間使っていると中の成分が劣化していき、乾燥してしまい、ホワイトボード消しで消そうとしても消えにくくなってしまうそうです。

 

マーカーを置くときに縦に置いてしまうと、インクが下に溜まってしまうので、マーカーを保管するときは横にするようにするだけで、マーカーの持ちが違うそうです。

 

マーカーの置き方に注意しつつ、あまり長い期間使用せず、消えにくいと感じたら新しいものに替えるようにしましょう。

 

マーカーで書いて、消すタイミングも大切だといいます。

ホワイトボードに書いてすぐ消すことはよくないそうです。

マーカーに含まれる剥離剤はインクが乾いたときではないと効果を発揮しないため、乾かないうちにすぐ消してしまうとインクを広げてしまい、汚れの原因になります。

 

また書いた後何時間も放置したままだとインクが落ちにくく、汚れる原因になってしまうそうです。

必要事項は書いたままにせず、紙などに書き写すようにしましょう。

 

消すタイミングは難しいですが、書いてすぐ消すことを繰り返したり、長時間書いたままにしないよう、気がついたら消すようにすると良いそうです。

 

またホワイトボード消しが汚れていても、ホワイトボードが汚れてしまう原因になるそうなので、汚れているなと感じたら新しいものを購入しましょう。

 

ホワイトボードが汚れてしまう原因にはいくつかありました。

 

できるだけ汚れないように原因をしっかり理解してきれいな状態を保てるように気をつけようと思いました。

 

ホワイトボードに忘れないようにとメモしてしまうと、ついつい消すのを忘れてしまいますが、そうしたことも汚れる原因になるので、タイミングを見て消すように心がけたいと思います。

 

まとめ|ホワイトボードの汚れの原因や落とし方

ホワイトボードが汚れてしまい、なかなか汚れが落ちないと新しいのを買おうかなと諦めてしまいがちですが、水拭きできれいになることがわかりました。

 

また、ホワイトボードが汚れてしまう原因も分かったので、出来るだけ汚れないようにしっかりと対策し、気をつけていきたいと思います。

 

ホワイトボードは便利ですので、汚れないようにこれからも活用していきたいです。