フロントガラスが凍結!!アルコール解氷でスッキリ!!

自動車をお持ちの方は、冬になると、フロントガラスの凍結に悩まされていませんか?

私はよくあります。

 

時間に余裕があるときはいいけれど、急いでいるのにフロントガラスが凍っていると、

すんなり出ることができず、イライラしたりしますよね。

 

うっかり凍結に気づかずにワイパーかけたりしたら、ワイパーもダメになってしまいます。

 

冬の自動車のフロントガラス事情をまとめてみました!

 

 

アルコールがフロントガラス凍結解消の鍵だった!

フロントガラスの凍結って、意外と面倒ですよね。

私はよくお風呂の残り湯をバケツに汲んで、車まで持って行き、
かけて溶かしていましたが、重いし大変!

 

解氷スプレーも販売されていますが、一時の事だしと、買い渋って使ったことはありません。

手軽に凍ったフロントガラスを溶かせたら良いのに。と何度も思いました。

 

そのカギになるのが「アルコール」なんです!

アルコールは、凝固点(凍結する温度)が水よりも低いので、凍結しない!ということです。

水は0℃凍結してしまいますが、アルコールは凝固点が0℃より低いため
寒さに耐えることができるのです。

凍結を簡単に溶かすことができるんですね。

 

作り方はとっても簡単。

アルコール(エタノール)2:水1の割合で混ぜるだけでOK

 

ちなみに2:1の割合で薄めて使用しても、-30℃くらいまでの寒さは耐えられるようなので、これで十分じゃないかな?と思います!

 

自作するときのアルコールはどれが良い?

解氷スプレーを自作するときに使用するアルコールは、

アルコール分があればなんでも良いわけではありません。

 

オススメはエタノール。

 

エタノールには2種類あり、

  • 消毒用エタノール(パッケージが緑のもの)
  • IPエタノール(安価である)

解氷スプレーを作るときには消毒用エタノールの使用をオススメします。

 

IPというのはイソプロパノールと呼ばれる成分で、

塗装を痛めてしまったり、ワイパー、タイヤなどのゴム製品が傷んでしまう可能性があります。

 

IPエタノールを使用する際には、スプレーボトルを使用し、

ガラス部分のみに使ってくださいね。

 

エタノールがない場合はお酒も代用可能ですが、

お酒の場合もガラス部分のみの使用にしてくださいね。

 

 

アルコールを使用せず溶かす場合、

熱湯は絶対にかけてはいけません。

ガラスは熱湯をかけることにより割れてしまう可能性があります

お湯をかけて溶かす場合は、40℃程度のものを使用するか、

お風呂の残り湯などを使用するのが良いでしょう。

 

 

せっかく溶かしたフロントガラスの再凍結を防止しよう!

霜が降りてしまったり、積雪してしまったり。

せっかく凍結を解消したのに、あっという間にまた凍ってる?!

なんて経験、私だけかな?

 

急いで溶かして、出発しようとしたら、薄い氷が。

暖房をかけたり、もう一度溶かしたりする手間はさすがに面倒すぎますよね。

 

そんな時にもオススメなのも、やっぱり解氷スプレーなんです!

解氷スプレーは販売もされていますが、寒い地域にお住いの方には自作をオススメします。

購入するよりも低価格でコスパ良しです!

 

購入する場合は、カー用品店であれば確実に販売されています。

そのほか、ホームセンターの車用品コーナー、100円均一でも取り扱い店舗があり、
気軽に買うことができますよ。

また、インターネットでの購入もできますので、探すのが大変!という場合は
スマホでささっと購入してしまうのも良いですね。

 

 

そして気になる溶かした後の再凍結ですが、

解氷スプレーを使用した場合、再度凍結することはなく、一度で凍結とオサラバできます。

 

フロントガラスを凍結させない方法!

屋根のある場所に駐車する

夜露で車が濡れることを防ぐことができます。

ガレージやカーポートがあれば言うことなしですが、多少屋根があるような場所や、常緑樹の下に頭から突っ込んで駐車するというのも、夜露を防ぐ効果があり、凍結を予防できます。

 

フロントガラス凍結防止カバーを使用する

価格は1000円程度〜10000円近くのものまで幅広くあります。

高いものはやはり、耐久性に優れているようです。

選ぶときには

  • ある程度の厚みがある
  • 防風対策がしっかりできる

などに注目すると良いかと思います。

 

私の実家付近では、凍結防止シートの代わりに、

使わなくなったシーツや、毛布などをかけている光景を見かけます。

代用が効かない!というわけではないですが、

ファスナーがついている場合などは注意が必要です。

 

撥水処理をする

日頃から撥水処理をしていると、フロントガラスに水分がつきにくくなるため、
凍結を予防につながります。

 

撥水処理をしていないと、

フロントガラスに汚れがついている状態となり、水分が残りやすくなってしまい、
凍結しやすい環境を作ることになってしまいます。

 

この撥水処理は完全に凍結予防になるわけではありません。

凍結してしまったときに、フロントガラスから氷を剥がすのが楽になる!というものです。

 

ウォッシャー液を凍結防止用にする

通常のウォッシャー液を使用している場合、噴射すると凍結する可能性があります。

凍結だけでなく、前が見えなくなる危険性もありますので、
冬季は凍結防止用に交換しておきましょう。

まとめ|フロントガラスが凍結!!アルコール解氷でスッキリ!!

凍結してしまった後に、暖房を入れたり、お湯をかけて溶かす方法もありますが、
手間もかかる上に、実は不経済だったりするんです。

エタノールを使用して解氷スプレーを作ることでコスパよく凍結とサヨナラが叶います。

間違っても熱湯をかけたり、アルコールだから!とお酒を使用するのはやめておきましょう。

凍結予防も、撥水処理するだけ、シートをかけるだけと簡単にできるので、
是非取り入れてみてくださいね。

寒い日々も、外出前に凍ってしまったフロントガラスに足止めされることなく、
外出を楽しめますように。