子育て中の疲れをリフレッシュ!ガマンはカラダに毒?

妊娠中から我が子とのほのぼのとした生活を
夢見ていましたが、現実はそんなに甘いものじゃなかった。

特に私は登山やゴルフが趣味だったし、コーヒー大好きだったので、
妊娠とともに楽しみが全部奪われてしまいました。

同じように子育てに疲れているなら、
そんな私のストレス発散法を役に立ててリフレッシュしてくださいね。

子育て中のストレスはこまめに発散

生後1ヶ月は本当に寝不足プラス赤ちゃんとずーっと家の中。
生まれてきた我が子は本当にかわいい。寝ている姿も愛おしい。

しかし、なんで泣くのかわからない。夜になったら寝てくれない。
「ママは眠くて倒れそうだよ。寝てくれ~寝てくれ~」と言いながら
夜中部屋の中をうろうろしていた時期もありました。

実家で里帰り出産だった私は赤ちゃんが寝ついたのを見計らって、
母親に預けては近くのコンビニまで出かけるのがリフレッシュでした。

それだけでも外の空気を吸って社会とのつながりが持てたような気がして、
だいぶ気分転換になりました。

自宅に帰ってからは育児の他に家事もこなさなければなりませんでした。
同居でしたが義両親もみんな働きに出ていて、日中は実質赤ちゃんとマンツーマン。

グズる赤ちゃんをあやしながら家事をするのはストレスでした。
もうしょうがないと開き直って手抜きも随分していました。

そんなある日の日曜日、みんなが家にいるのに、
誰も赤ちゃんをあやしてくれない。

私は夕食の準備をしているというのに!!という状況があり、

プチっとキレてしまった私は、翌日から実家に帰るという
荒業を使ったりしました。

その後、旦那は赤ちゃんの面倒をよく見てくれるようになりましたが、
やっぱりストレスは適度に発散しないとダメだなと改めて思いました。

産後ヨガやピラティスでリフレッシュ

ピラティスでリフレッシュ

結婚を機に通勤ができなくなったので、仕事を辞めて専業主婦になりました。

妊娠中は暇でマタニティーヨガに通っていました。

その施設で産後ピラティスを行っていたので、今は産後ピラティスに通っています。

骨盤を意識しながら、インナーマッスルを鍛えるピラティスは
運動不足の身としては相当キツイ運動です。

でも全くへこむ気配のないお腹の引き締めと、産後ヨガやピラティス
というような産後の教室は赤ちゃん連れで行くことが出来るものがほとんど。

赤ちゃんが泣いても特に気をつかう必要もなく、
先輩ママに色々聞くことが出来たりしてオススメです。

産後ヨガでリフレッシュ

スポーツジムなどに通わなくても、自治体などで取り組んでいたりするものも多いので、探してみるといいですよ。

私は、子育て支援団体が主催の産後ヨガなどに参加しました。

ヨガは日ごろ使っていない部分を伸ばしたりできるので、
リフレッシュになりますよ。

整体でリフレッシュ

私が産後どうしても行きたくて、検索しまくって見つけたのは整体です。

骨盤矯正をしてもらいたかったのです。

私は帝王切開だったので、産後骨盤ベルトを
いつから使っていいのかわからず、
結局使わないまま時だけが過ぎて行ってしまいました。

私の見つけた整体院は1ヶ月に数回マザーズデーと称して
施術中は託児をしてくれるサービスを行っていました。

残念ながら骨盤矯正は時間が長くて託児の範囲外で、
利用できなかったのですが、

マッサージだけでもかなりリフレッシュになりますよ。

我が子はありがたいことにスクスク成長していて、
生後2か月ぐらいには、重たいと感じるようになりました。

頭を乗せていた左の肩の筋を痛めていて、
肩から背中までかなり張っている状態でした。

マッサージをしてもらうことでかなり楽になりましたね。

この整体院のサービスは行きたいけど行けないという
ストレスを解消してくれました。

外食でリフレッシュ!トラベルシステムのベビーシートが超便利

ハードルが高いと思っていた外食に、生後1か月過ぎから出かけています。
このときに便利なのがトラベルシステムのベビーシート。

チャイルドシートでもあり、ベビーカーにもなり、
さらに車で寝てしまってもそのまま持ち運べる優れもの。

使用期間が1年未満なのがもったいない気もしますが、
便利さには勝てない。

このベビーシートをレストラン店内に持ち込んで外食を楽しみました。

完全禁煙のお座敷やシート席のあるお店のみに限られますが、

月齢の小さいうちってそんなに大泣きしないし、
寝ていてくれたらラッキーって思っていました。

赤ちゃんが産まれてから思いました。
赤ちゃんを連れて行ける場所がなかなかないんだなと。

託児ありの美容室を探しているのですか、まだ見つかりません。
出産2ヶ月前から半年以上、美容室に行けてない。

映画も見に行きたい、コンサートに行きたい、ゴルフに行きたい。
すべて我慢です。

時々、義両親や旦那が赤ちゃんをみてくれて、
ちょっとお出かけしたりもしていますが、まだ2時間が限界。

私のほうも気になって、なかなかのんびりできません。

それでも、「ちょっと面倒みてるよ」と言ってもらえたら
ラッキーと思って、ガンガン出かけてリフレッシュです。

まとめ|子育て中の疲れをリフレッシュ

赤ちゃんと2人っきりでお部屋の中に閉じこもっていては、
ママも滅入っちゃいます。

そして、それが赤ちゃんに伝わってしまいます。

お住いの地域の赤ちゃんと参加できるイベントなどにも、
積極的に参加していくのがいいと思いますよ。

こまめにリフレッシュしてストレスのない子育てをしましょう。