子育て中の家事効率アップへの道!

子育て中!

未就園児がいながらの

家事ってすっごい大変ですよね。

 

何をするにも、近くには子供がいて、

家事を中断したり、

時にはそのまま放置になってしまうことも。

 

それぞれの家事が

効率的に済ませることができたら

軽減できるのではないでしょうか?

 

私が実践している方法を

お伝えしようと思います!

 

 

今までより少し旦那さんの分担を増やす

子供がいて大変な家事って

いくつかあると思うんです。

 

我が家は一人目出産した頃、

旦那さんは、一切家事への参加はありませんでした。

 

そんな状態では、色々一人で大変。

食器は洗いかけ、

洗濯干し、洗濯たたみ、片付け

やりかけで止まっていたり、

部屋の掃除はままならず、

お風呂掃除も、危険と隣り合わせ状態。

 

風呂掃除

私が旦那さんにやってもらう事にしたのは

お風呂掃除です。

 

夏場は水遊びしてもらいながら、

自分は掃除できるけど、

冬になると、そうもいかないし、

滑って転んで、痛がる姿も見たくないですよね。

 

そんな時は、旦那さんにお願いしてみましょう。

 

お風呂に入るついでに、洗ってもらえたら、

すっごくラクになりますよね。

 

全てを完璧に!と頼むと、

頼まれた旦那さんも面倒だな。と感じてしまい

引き受けにくくなってしまいます。

 

なので、あまりハードルをあげずに

頼むようにしてくださいね。

 

私は

「お風呂出る時に、

「浴槽ざーっと洗って、シャワーで流してくれると嬉しいなー」

とお願いしました。

 

一番最初は少し面倒そうな顔をされました。

 

でも、子供に風邪引かせたくないし、

転ぶと危ないし、

私も助かって嬉しいなー。

と子供と自分の気持ちも一緒に聞いてもらい

やってもらうことにしました。

 

ちなみに我が家は冬季限定でお願いしています。

夏場は自分でやって、

その間、子供にはプールの代わりに

好きに遊んでもらっています。

 

ゴミ

もう一つはゴミ捨て。

週に2回やってきますよね。

 

我が家がゴミを出す集積所は

自宅から少し離れたところ。

 

前日から出すのはダメだし、

子供を連れて行くのは、

時間もかかるし面倒。

 

階段を降りたりしなければならない

2階以上にお住いの方だと

なおさら大変なのでは?と思います。

 

そんな時は、

旦那さんがお仕事へ出て行く時間までに

全てのゴミをまとめて

これ持ってってー!とついでにお願いしましょう。

 

パパが出て行く時間が早いと、

朝出るゴミ出せないじゃん!と思いますが、

そこは諦めてます。

 

納豆のゴミとか出しちゃいたいですけどね。

 

早めにまとめて、玄関に置いておき、

出て行くついでにサッと持っていけるように

スタンバイしておくのが肝心です。

 

出て行く間際に待たせて頼むのは

時間も気になったり、

これもまた面倒だと感じられてしまいます。

 

気持ちよく引き受けてもらえるように

工夫することが大事ですね。

 

 

・お風呂掃除

・ゴミ捨て

の2つをやってもらえるだけで、

家事の負担って減りますよね。

 

すでに頼んでいる方も多いかもしれませんが、

まだ自分でやってる方は、

ぜひ旦那さんにお願いしてみましょう。

 

まとめて家事

また、

休日に半日ほと旦那さんにお子さんを任せて

まとめて家事をする!

というのもとてもいいと思います。

 

お天気がいいときには

旦那さんにお子さんと一緒に出かけてもらい

掃除や洗濯、

食事の作り置きをするというのも、

平日の家事効率をかなりよくするための一つです。

 

休日に少し子供と出かける。

自分は家にいて家事をする。

という分担は我が家もよくやっていますよ!

 

集中して家事をこなせる上に

平日の自分の負担を減らせるので

かなりオススメです。

 

新婚当初から分担や協力を!

新婚から数年が経ち、

突然旦那さんに家事を頼むというのは

意外とハードルが高いかもしれませんね。

 

旦那さんも、

え?急に俺がやらなきゃいけないの?と

思ってしまうかもしれません。

 

これから結婚するよー!という方、

ぜひ、新婚当初から

分担とまでは言わなくても、

多少の協力はお願いしたほうがいいと思います。

 

結婚したら専業主婦になるから、

家事は全部、私がやるわ!

とヤル気を出すのもわかりますが、

後からやってもらおうと思うと、

お互いいい気持ちがしない場合もあります。

 

なので、簡単なものだけでも

旦那さんにやってもらえるよう話しましょう。

 

・食後の食器をシンクまで運ぶ

・自分の衣類は自己管理する

・ゴミ出し

・入浴後のお風呂掃除

 

そのほか、力のいるものはできるだけ頼るようにしましょう。

男性はやっぱり、頼られると嬉しいものだと思います。

 

なんでも一人でこなしてしまわず、

分担、協力することで、

お互いに気持ちの良い関係が築いていけるのではないでしょうか。

 

また、旦那さんにしてもらうことで、

その後の家事への時間をしっかり確保できたり、

集中して家事をこなすことができますし、

 

お子さんが誕生してから、

旦那さんへの協力を求めやすくなるのでは?と思います。

 

家事に関わってこなかった旦那さんに、

子供が生まれたのを機に家事を頼むと、

やらせている感じ、

やらされている感じが出てしまうかもしれません。

我が家はこのパターンでした。

 

何を頼んでも

旦那さんから「やってあげてる」感じを

ひしひしと感じ心苦しく、

分担をお願いしにくかった記憶があります。

 

子供が3人になった現在では

・入浴後のお風呂掃除

・週2回のゴミ捨て

以外は

些細なことを頼んでも嫌な顔をされるばかりで

ほとんど頼まなくなってしまいました。

 

子供と出かける。というのは

意外と楽しそうに協力してくれますけどね。

 

 

まとめ|子育て中の家事効率アップ

 

家事を分担することで、

時間や意識が目の前の家事に集中することができ、

気が散ることが減るので

かなり効率が上がるのでは。と思います。

 

お子さんがいると

どうしても中途半端なところで

家事が止まってしまうので、

そうならない環境作りや

自分の家事を減らすというのがミソですね。

 

一人で何もかもこなそう!と思わず

旦那さんと協力して、

お互いに気持ちの良い家庭の時間を過ごせるといいですね。