切迫早産で入院!知っておきたい持ち物や便利グッズ

幸せなマタニティーライフ。

 

ある日突然、

「切迫早産です。入院してください。」

と言われる可能性は誰しもが秘めています。

 

私自身

赤ちゃんに会える!

とワクワクして検診へ行くと

突然入院を告げられたことがあります。

 

そのまま入院になった時

私の手元にあったのは

母子手帳とケータイと財布。

 

入院になった時

どんな持ち物を準備したらいいのか

出産での入院とは違う

入院準備用品をご紹介したいと思います。

 

切迫早産での入院中ドライシャンプーは必需品

私が切迫早産で入院した時は

・24時間点滴

・最低限の歩行のみ可

・お風呂はシャワーのみ、週一日調子のいい日限定

・シャンプーも週一、順番が来た時に調子が良ければ、

車椅子でシャワー台に運ばれ洗髪

 

と言った感じでした。

 

中にはトイレすら行けない

完全歩行禁止という方も見えるようです。

 

私が入院中一番困ったのは、お風呂に入れないことでした。

 

入院のお見舞に来客予定があっても、

先生の診断で許可が下りないとお風呂はお預け。

 

体は、毎朝看護師さんが体を拭くタオルをくれたので、

なんとなくキレイな気がしました。

 

しかし頭は、10日間洗えないなんてこともザラ。

 

当時は思いつきもしませんでしたが、

是非準備して欲しいものがあります!

 

それは

・ドライシャンプー

というものです。

 

ドライシャンプーとは

水がいらない洗い流さないシャンプーで、

髪の毛を濡らさずに洗うことができるものです。

・資生堂

・DHC

・KOSE

・LUSH

など女性なら馴染みのあるブランドからも

いくつか販売されています。

 

ムースタイプ、粉末タイプなど

色々な種類がありますので、

ご自分に合うものを選ぶといいと思います。

迷うよでしたら、

実際に使った方の、口コミを参考にするのもいいですよ!

 

 

切迫早産での入院生活中、パジャマはどうしたらいい?

妊婦の入院というと

出産時のパジャマを想像しませんか?

 

切迫早産での入院時は

実際何を着ていても大丈夫!

 

私が入院が決まった日の夜は、

普段自宅で来ていたパジャマを

持って来てもらって着ていました。

 

入院中は気が滅入ったりしますので、

気分が上がるような

可愛いパジャマを購入するのもいいですね。

 

今はインターネットで

簡単に買い物ができるので、

入院が始まってから買うというのもできます。

 

しかし、

お腹が大きくなると、普段着ているサイズより大きなものを

購入することになるので、お財布との相談など

ご自身で判断してくださいね。

 

私は入院した時期が真冬だったので、せっかくなら可愛いのを着よう!と

もこもこパジャマを普段より大きめサイズをネットで購入。

 

自宅に届いたものを持って来てもらいました。

が、

病院内はしっかり空調管理されていたので、

暑く感じることが多く、せっかく買ったモコモコはあまり着られず。

 

結局、

自宅で着ていたゆるーいスウェットに

部屋着のロンTを着ていた時間が

一番長かったです。

 

大部屋での入院生活でしたが、他のママさんたちも

冬仕様のパジャマを着ている人は

あまり見かけなかったです。

 

 

もし、パジャマを買おうと思われるのであれば、

個人的にオススメなのは、

やっぱりプチプラのGUやユニクロですね。

 

買いやすく普段使われているのなら

サイズも把握していると思うので、

ネットで買い物する際も

参考にしやすいかな?と思います。

 

モコモコといえば「ジェラートピケ」なども

とっても可愛くて気分が上がりそうですよね。

 

可愛い!と思いましたが、なかなかいいお値段するので

一時のために買えないと思い私は買うのをやめました。

 

「パジャマ」と聞くとどうしよう

と悩みがちですが、一番最後に行き着くところは

自分が、一番過ごしやすい格好にする

ということだと思います。

 

また、切迫早産での入院の時は

点滴24時間体制でつけることになる場合が多いです。

 

そうなった時、

長袖の場合、袖があまり細すぎたりすると

不便かもしれません。

 

 

入院生活でのオススメ便利グッズ

抱き枕

大きなお腹を横にして寝るのって

寝づらかったりしますよね。

 

妊娠中から授乳期に使える抱き枕。

とってもいいと思います。

 

病院のベットは狭いですが、

寝苦しい毎日を思うより、

抱き枕と一緒に寝るほうが

とても快適な睡眠をとれると思います。

 

私は抱き枕を使わず

病院の掛け布団を抱いて寝ていました。

 

産後も使えるし、

あると便利だと思います!

 

マジックハンド

ベッドの上で生活していると

ちょっと遠いものをとったり

ゴミを捨てるのって面倒ですよね。

 

そんな時にとっても便利です。

 

枕元に置いておけば

ティッシュを取るのも、

ゴミを捨てるのも簡単に済ませられます!

 

特別クオリティにこだわらなければ

100均にも売っています・

 

卓上加湿器、マスク

病院内はしっかり空調管理されていますが、

どうしても空気は乾燥しがち。

 

さらに小さい子が他のママさんのところへ

お見舞いに来たりすると

咳き込んでいたりすることもあります。

 

自分でも風邪予防できるといいですね。

 

 

耳栓

大部屋での入院の場合

同室のママさんだけでなく、

お見舞いに見える他の方々の声が

気になることって多いんですよね。

 

私が入院していた時、

隣のママさんが

消灯後に楽しそうに毎晩電話をしていて

寝るに寝られなかったんです。

 

・いびきをかく

・夜中の電話

・夜中に何かごそごそしている

 

大部屋ならではの音問題。

耳栓は大活躍でした。

ただし、個室の場合は必要ないと思います。

 

暇つぶしグッズ

・雑誌

・本

・ナンプレ

などもオススメです。

 

私はナンプレにハマって毎日やっていました。

 

生まれてくる赤ちゃんを思って

ハンドメイドキットを持っていくのも

いいと思います。

 

私が入院していた大部屋では

ベッドの上で編み物をしているママさんや、

裁縫をしているママさんもいました。

 

とっても穏やかな顔をして

幸せそうにしている姿が

とっても印象的でした。

 

またDVDプレーヤーを持っていくと、

好きな映画やドラマをいつでも見られます。

イヤホンを忘れないでくださいね!

 

コンセントを使うものを持ち込む場合、

病院によっては

コンセント一口100円など

料金がかかるところもあるので、

病院への確認をしてくださいね。

 

 

病院の指導によりますが、

ベッドの上なら起きていても大丈夫

という場合と、

起き上がることすら禁止される場合があります。

 

どの程度なら起きていても大丈夫なのか

など、しっかり先生に聞いてくださいね。

 

 

まとめ|切迫早産で入院!持ち物

入院生活は、ずっと同じ景色を見て

ベッドの上から動けずに

とっても退屈で気分も下がりがち。

 

体への配慮だけでなく、

心が寂しくならないように

ご自身の好きなもの、

癒されるものなども

持っていくといいですよ!

 

私は上の子供たちの写真を

ベッドの近くに置いていました。

 

せっかくのマタニティーライフですから

 

・可愛いパジャマ

・便利グッズ

・暇つぶしグッズ

 

の活用で

少しでも快適な入院生活を送れるといいですね。