ホワイトデーのお返しの意味は!?日本から生まれたってホント?

3月14日はホワイトデーです。

 

バレンタインデーに女性からチョコレートなどをもらった場合、
男性はホワイトデーにお返しをするというのが、今では当たり前になっているように思います。

 

しかし、ホワイトデーにお返しをするという文化は日本から生まれたそうです!
外国から生まれたイメージがありましたが、なぜ日本から生まれたのでしょうか?

 

ホワイトデーに何かお返しをするということが当たり前になっていたので、
どうしてなのか考える機会がありませんでした。

 

ホワイトデーにまつわるエピソードをいくつか紹介いたします。

 

義理堅い日本ならでは!

ホワイトデーにお返しをするという文化は日本ならではのもののようです。

 

韓国や中国などの東アジアではホワイトデーを楽しむ国もあるようですが、ヨーロッパやアフリカ、北アメリカなどではホワイトデー自体を知らず、お返しをするという習慣はみられないそうです。

 

なぜホワイトデーが日本から生まれたのかというと、日本人は昔から義理堅く、
贈りものをもらったら何かお返しをしなくてはという想いがあるからのようです。

 

多くの他の国ではこういった習慣がないことに驚きました。

とても、意外でもありました。

何かお返しをと思う日本人ならではの想いは素晴らしいですよね。

 

ホワイトデーに何かお返しをするという習慣が生まれた理由はいくつか説があるそうです。

バレンタインのお菓子の意味知ってた!?贈るも貰うもワクワクドキドキ!
2月14日はバレンタインデーです。 女性から好きな男性にチョコレートを贈る日というイメージが強いバレンタインデーですが、 好きな人だけではなく、友だちに贈る「友チョコ」や自分へのご褒美のために贈る「マイチョコ」、そして有名な...

不二家

不二家はバレンタインが主流になった頃、リターン・バレンタインという名称で
バレンタインデーのお返し用のお菓子の宣伝、販売を行ったそうです。

 

石村萬盛堂

バレンタインが流行ってからもお返しをするということが定着していなかった頃、
福岡県の老舗菓子屋、石村萬盛堂の社長が、

ある雑誌でバレンタインデーのお返しがなぜないのかという記事を読み、
何かお返しをと考えついたと言われています。

 

福岡の老舗菓子屋が発売したのが、マシュマロでした。

 

マシュマロには「あなたのことは嫌い」という意味がありますが、発売したマシュマロはチョコレートが包まれたものでした。

 

チョコレート入りのマシュマロには「純白の愛で包み込む」という意味があるので、バレンタインデーのお返しにぴったりです。

 

ホワイトデーという言葉が生まれるまでは、3月14日はマシュマロデーと呼ばれていたそうです。

 

全国飴菓子工業共同組合

ホワイトデーという言葉は全国飴菓子工業共同組合が、作った言葉のようです。

なぜホワイトデーという名称かというと、ホワイトにはシュガーやスイートという
項目が記載されていることから純愛や砂糖をイメージしたためだそうです。

 

全国飴菓子工業共同組合はマシュマロが売れるのを見て、
ホワイトデーにはキャンディをと考えました。

 

キャンディには「あなたのことが好き」という意味があるので、
こちらもバレンタインデーのお返しにぴったりです。

 

3月14日をホワイトデーに定めた理由は、

ローマ帝国帝王が兵士の士気が下がるとして
結婚を認めていなかったローマ帝国時代に、

密かに結婚させていたことがバレてしまい、2月14日に処刑されてしまったのが

ウァレンティヌス(バレンタイン)ですが、
その1ヶ月後に恋人たちが改めて愛を誓い合った日だからと言われているそうです。

 

ホワイトデーが日本から生まれた文化だとは知らなかったので、とても驚きました。

しかし、何かをもらったらお返しをしなくてはと思う気持ちは素敵だと思いました。

 

そういった思いをこれからも大切にしていきたいですね。

ホワイトデーに金平糖をお返しする意味とは?

金平糖には「永遠の愛」という意味があるそうです。

おしゃれで甘くて可愛らしい金平糖は口に入れてもなかなか割れず、長い時間とどまっていることからそう言われています。

また、金平糖を作るのには長い時間かけて作られており、栄養価も高く、保管期限も長いためそう言われているともあります。

 

今ではチョコレート味やキャラメル味の金平糖なども販売されているそうです。

 

縁起が良いことから結婚式での引き出物に使われことも多いということです。

 

金平糖に永遠の愛という意味があるなんて知りませんでした。

見た目も可愛らしい金平糖はお返しにぴったりですね。

 

ホワイトデーにバームクーヘンをお返しする意味とは?

バームクーヘンには「幸せが長く続きますように」という意味があるそうです。

時間をかけて、幾重にも重なってたくさんの層を作り、
木の年輪をイメージしていることからそう言われています。

 

バームクーヘンは結婚式の引出物としてポピュラーなイメージですが、
このような意味があったのですね。

 

私も結婚式の引出物として、バームクーヘンを渡しました。

 

まとめ|

ホワイトデーのお返しにも、きちんとした意味があることを知りませんでした。

お菓子の意味を知っているとお返しをする場合も役立ちますね。

男性もお返しのお菓子の意味を理解し、
失礼のないように相手に贈る方が良いことが分かりました。

何かをもらったら、お返しをしなくてはと思う
日本ならではの文化を大切にしていきたいですね。