牛ご飯は五反田「食堂とだか」の人気料理!誰だって波瀾爆笑

誰だって波瀾爆笑のゲスト「さらば青春の光」さんが、

今大人気でなかなか予約がとれないお店「食堂とだか」の紹介をします。

東京・五反田の「うしごはん」で有名なお店。

「牛ご飯」と聞くだけで食欲をそそりますね。

そこで今、大人気の「食堂とだか」について調べてみました。

「食堂とだか」は予孤独のグルメで紹介された約困難な超人気店!

 

人気店は数知れずありますが、超人気店で話題になっているお店があります。

それは東京・五反田にある「食堂とだか」

人気番組「孤独のグルメ」でも紹介され話題になりました。

五反田駅の目の前と言うアクセスも最高な創作料理のお店です。

カウンター席のみの店内(8~9名)で、カジュアルでこじんまりとした雰囲気♪

オープンから約半年で予約必須のお店となり、なんと1年弱で2号店をオープン!

店主の戸高雄平さんは蝶ネクタイが似合う笑顔が素敵な人♪

じつはオープン当時は、なかなかお客さんが来なかったそう。

目黒川の橋のところに看板を出し、足を運んでくれたお客さんには感謝の気持ちでとにかく一生懸命の接客をしたそうです。

その後、地域のメディアニュースの「品川経済新聞」に取り上げられます。

2016年の2月にブロガーのコグレさんが「食堂とだか」を紹介。

これを機に、記事を見たお客さんが足を運ぶようになりました。

「食堂とだか」が超人気店になった秘訣は?

店主の戸高雄平さんは、料理の研究をしていた時にフォトジェニックなメニューを出そうと思いついたそうです。

それをみんなが撮影→投稿→それを見た人が食べに来る→気に入ったら友達を連れてきてくれる

このようにフォトジェニックな料理が、広告の役割を果たすという考えでした。

確かに料理の腕があっても発信力がなければ、お客さんに来てもらうことは難しいですよね。

お酒も原価がかかるのを覚悟で、こだわりのオリジナルのものも提供。

料理の原価は一般的に30%と言われます。

しかし「店をやるならメインの料理が絶対ないといけない」と思い、原価率を考えずに出している料理もあるとのこと。

そのぶん他のメニューに、比較的原価率の低い野菜を中心とした品を考えるなどして全体のバランスをとっています。

どのメニューもどこか懐かしくほっとする味。

都会の中でほっとできる場所はありがたいですね♪

「食堂とだか」の人気メニュー

 

「孤独のグルメ」紹介時のタイトルは「東京都品川区五反田の揚げトウモロコシと牛ご飯」

牛ご飯♪

牛丼という響きよりも、ずっとずっと食欲を刺激する呼び名ですよね。

お店では「ぎゅうごはん」と呼ばず、ほとんどの人が愛しげに「うしごはん」と呼びます。

人気の牛ご飯はもちろん、他にも美味しいメニューばかりですよ♪

 

牛ご飯

 

特にファンが多い牛ご飯。

ささっと炙ったレアなお肉は柔らか~い!

甘辛いタレがからみ、もう~たまりません。

わさびがさらに美味しさを増してくれています。

器はお茶碗くらいの控えめな量で、飲んだ時の〆サイズという感じです。

牛肉のとろけるような美味しさを是非お試しください。

 

揚げとうもろこし

 

夏から秋にかけての季節限定。

糖度の高い激選した、とうもろこしに衣をつけて揚げました。

そのまま食べてもおいしいですが塩をかけると、とうもろこしの甘さがさらに引きたち美味♪

 

ウニ・オン・ザ・煮卵

 

半熟の煮玉子の黄身とウニが最高のコラボレーション。

とろりと贅沢な濃厚さ♪

卵の上にウニが乗せてあり崩れやすいので、一口で食べるのがおすすめ。

タレとわさびも見事に調和しています。

一口入れると美味しさが口の中いっぱいに広がり幸せで胸もいっぱいに♪

 

ごま豆腐とトマトの揚げ出し

 

揚げたてのカリッとした衣。

ごま豆腐はふわふわもちもち。

カリフワな食感がたまりません。

そして温かなトマトもおいしい出汁とマッチしています。

 

いぶりがっこのポテサラ

 

ポテトサラダの中に、いぶりがっこが入っています。

いぶりがっこのポリポリがアクセントになって良い食感を生み出しています。

 

里芋の唐揚げ

 

外はカリカリ、中はホクホクとねっとりした食感が楽しめる逸品!

胡椒がしっかりと効いていてアクセントになっています。

 

とだかハイボール

 

レモンを丸ごと皮も一緒にミキサーで潰して作った、とだかハイボールは爽やかな苦味がたまりません 。

レモンがしっかりと入っているのに、それほど酸っぱくはありません。

レモンの爽やかさが溢れ大人気。

 

自家製ジンジャーシロップ入りのモスコミュール

 

自家製のジンジャーシロップは生姜の存在感が絶大。

ピリッと辛口がお好きな方におすすめです。

 

料理もお酒も個性的♪

意外性も創作料理の魅力ですね。

 

「食堂とだか」の場所とアクセス地図

 

東京都品川区西五反田1-9-3リバーライトビル地下1階

☎ 03-6420-3734

 

 

「食堂とだか」の口コミ

 

牛ごはんは五反田「食堂とだか」の人気料理!まとめ

 

マスターの和やかな人柄と個性的なメニューにお客さんが途絶えません。

お皿に「とだか」とお店の名前が入っていますが手作りだそうです。

楊枝入れなども手作り。

鹿児島で料理人をやっている時に、お店で出すお皿を作りたくなり陶芸教室に行ったそうです。

なんとそこで先生をしていたのが今のお嫁さん♪

素敵なラブストーリーですね。

料理にこだわり、器にこだわり、もちろん接客にこだわり・・・

心からの愛情がお店を繁盛させているのではないでしょうか。

あまりの人気で予約困難ですが、機会がありましたら是非ご来店くださいね♪