ローキャップが似合わないのは何故!?似合わない原因を徹底検証してみよう!!

ファッションのポイントとして欠かせないのが帽子ですよね♪

その中でも今巷で人気のローキャップは軽装にも合わせやすいので、手軽に取り入れている方も多いのではないでしょうか???

私も時間が無い時に髪の毛のセットが間に合わず、ローキャップを合わせることがとても多いです(笑)

このようにサッとかぶれるけどお洒落のポイントになるので、とても重宝しているんですよね♪♪♪

そんなローキャップなのですが、お店で試しに被ってみたものの「なんか違うな」と思ったことはありませんか?

一度似合わないなと感じてしまうと、どうしても意図的に避けてしまうようになってしまいますよね。

私自身もすべてのローキャップではありませんが、似合うものと似合わないものがあり何が違うのだろうと不思議に思っているんです。

 

そこで今回は私の疑問も解消すべく、ローキャップの似合わない原因を徹底調査!!

ローキャップが似合わないと敬遠してしまっている方も、似合わない原因を解明してローキャップファッションを楽しみましょう!!

 

 

ローキャップが似合わない原因は?顔や頭に特徴あり!!

ローキャップが似合わない原因として、顔の輪郭や頭の形が挙げられます。

 

ここからは、それぞれの特徴を踏まえながら似合わない原因を見ていきましょう。

ローキャップの似合わない顔の特徴

面長顔

面長顔の方は、トップが高い帽子をかぶることで面長が強調されてしまいます。

ベース顔

ベース顔の方は、シンプルな帽子をかぶることでエラ張りが強調されてしまいます。

四角顔

四角顔の方は、シンプルな帽子をかぶることで顔の横幅が強調されてしまいます。

 

以上のように、

ローキャップはシンプルであるため顔の特徴が強調されやすくなってしまうんですね。

しかし、

顔の特徴が強調されるからと悲観するのは早いですよ!

 

解決策として、

トップが低いより浅めのものやツバが大きく広めのローキャップなど、

顔の特徴を目立たなくさせるものを選ぶことです。

 

形の他にも、

色や柄などが目立つものであれば顔の特徴から目線をそらす効果も得られますね。

 

自分の顔の特徴を把握して、それを目立たせないようなローキャップ選びをおススメします♪

 

ローキャップの似合わない頭の形

帽子ということで頭の形を気にされている方も多いと思います。

日本人は「絶壁頭」と言われる頭の形が多く左右に横幅が広く後頭部が出ていないのが特徴です。

ですから、

ローキャップのように浅めな帽子はかぶりにくいし似合わない傾向があるんですね。

 

もし、正面だけでなく別角度から見て似合わないなと感じたら頭の形に原因があるのかもしれません。

しかし、髪型次第で十分カバー出来ることなので私的にはそこまで重要視することではないかなと感じています。

 

ローキャップの似合わない原因を挙げましたが、あてはまるからと諦める必要はありません。

 

自分の顔や頭の特徴を把握し、それをカバーしてくれるローキャップを選ぶことで似合わない問題を解決することは十分可能ですからね。

 

ローキャップが似合うかぶり方

ローキャップが似合わない原因が分かり、何故自分に似合うものと似合わないものがあるのか納得しました♪

これからローキャップを買う時にはじっくり選んでいきたいですね!!

 

自分に似合うローキャップが見つかったら、次はかぶり方を色々試してみましょう♪

かぶりが深い帽子と違い、ローキャップだからこそ似合うかぶり方があるんです。

 

そのかぶり方をご紹介していきましょう♪

前髪を出す

深めの帽子だと前髪を出してかぶると、帽子を脱いだ時にクセが!!なんてことありませんか???

ローキャップは浅めの為、前髪を出しても影響が少ないんです。

前髪を出すことで小顔効果の他、若々しい印象を得ることが出来るんですね♪

逆に大人っぽく見せたい時には、帽子に前髪をインするとガラリと印象が変わりますよ♪

ツバを後ろにかぶる

ツバを後ろにかぶると武骨な男らしい印象が得られます♪

顔がはっきりと出るので清潔感が出るのも良いですね!!

前髪を流すように出すと、若々しく今時のお洒落感を出せますのでその時の気分で印象を変えて楽しむことが出来ます。

 

このようにかぶり方次第で、印象をガラリと変えることが出来るのでローキャップは是非とも持っていたいファッションアイテムです。

お店で見かけたら、ただかぶるだけでなくかぶる深さを変えてみたり、前髪を出してみたりと試してみて下さいね♪

まとめ|ローキャップが似合わないのは何故

ローキャップが似合わない原因や、一気にお洒落感を出すかぶり方などについてお話しさせていただきました♪

ローキャップから遠ざかっていた方にも是非試していただけたら幸いです♪

形やかぶり方も重要ですが、色や柄、質感などによっても印象はかなり変わってきますよね。

洋服同様にローキャップも様々な種類を揃えておくことで、ファッションの幅も広がって気分が上がっちゃいます(笑)

似合わないと諦めるにはまだまだ早いですよ!!

是非自分にぴったりのローキャップを見つけて、洋服とのコーディネートを楽しんでくださいね♪♪♪