ダウンジャケットの洗濯の頻度はどのくらいがベスト?

日に日に寒いと感じる日が多くなってきて、
本格的にダウンジャケットの出番がやってきたように感じます。

 

トレーナーやインナー、ヒートテックなどは都度洗う人が多いと思いますが、
ダウンジャケットはどのくらいの頻度で洗うのが良いのでしょうか。

 

毎回クリーニングに出すのもお金がかかりますし、かと言ってずっと洗わないのも嫌ですよね。

 

ダウンジャケットの洗濯の頻度はどのくらいがベストなのでしょうか。

またダウンジャケットは自宅で洗濯できるのでしょうか。

 

ダウンジャケットについて調べてみましたので紹介いたします。

 

ダウンジャケットの洗濯の頻度は?

ダウンジャケットのクリーニングは普通のコートなどに比べると代金も高めであるため、
クリーニングになかなか出せずにいるということも多いですよね。

 

私はダウンジャケットの出番が終わった春頃にクリーニングに出していました。

1年に1度だけクリーニングに出していました。

 

1年に1度、これは少ないのでしょうか

 

調べてみました。

 

ダウンジャケットも直接首元などは肌に触れることも多く、
皮脂や汗の汚れなどがついてしまいます。

そのため、数年洗わずにいると汚れや臭いが蓄積されシミになってしまうこともあるそうです。

 

ダウンジャケットの洗濯頻度は最低でも1年に1度シーズンオフに
クリーニングに出すのが良いですね。

ですが、汚れが気になったら1年に1度にこだわらず
そのときがクリーニングに出すタイミングです。

 

着る直前になるまでクリーニングに出さないでいるということは
ダウンジャケットが痛みやすくなるので、

シーズンオフにはクリーニングに出した方が大切なダウンジャケットが長持ちします。

 

クリーニング代金も高いので、今シーズンはあまり着ていないから
クリーニングに出さなくてもいいかな?と思ってしまうときもあるかもしれませんが、
1年に1度はクリーニングに出して清潔な状態にしたいものですね。

 

ダウンジャケットは自宅で洗濯できるのか?

 

ダウンジャケットはなんとなくクリーニングに出すものだと思っていました。

クリーニングに出さず、自宅でダウンジャケットを洗濯できたらいいですよね。

汚れが気になっても自宅で洗えたら便利だし、クリーニング代金もかかりません。

 

ダウンジャケットは表地の素材によっては自宅で洗濯することもできるそうです。

 

表地の素材がナイロン、ポリエステルのものならばお洒落着洗いの洗剤で自宅での洗濯が可能です。

 

ダウンジャケットの洗濯にはスピードが重要とのことです。

 

洗濯の手順を紹介します。

 

まず、ダウンジャケットのフードが取れる場合はとっておきます

フックやファスナーが付いているものはきちんと留めておきます

洗う際にフックやファスナーなどの金具がダウンジャケットを傷つけてしまうのを防ぐためです。

 

目立つ汚れがないか確認します

襟や袖などに汚れがある場合は水を含ませたスポンジにお洒落着洗いの洗剤をつけ、汚れている場所を軽く叩きながら部分洗いをし、汚れを落としましょう。

 

洗う際は洗濯槽を使って手洗いします

 

洗濯槽にダウンジャケットが浸るくらいに30度くらいのぬるま湯を入れ

そこに、お洒落着洗いの洗剤を入れます。

 

ダウンジャケットを少したたむ感じで洗濯槽の中に入れ、浸します。

優しく押し洗いを30〜40回ほど行います

押し洗いを続けると洗濯槽の中に汚れが出てくるので、きれいな水に交換してすすぎます。

水が濁らずにきれいになるまで交換します。

 

何回も水を交換して濯ぐのが面倒な場合は
お風呂場の浴槽でシャワーをかけても良いそうです。

 

ダウンジャケットの手洗いが終わったら強く脱水せず、バスタオルなどで包み
優しく水分を取るように脱水します。

 

次にダウンジャケットの干し方も紹介します。

 

ダウンジャケットは中に羽毛が入っているため、
きちんと乾かさないと臭いが残ってしまったり傷んでしまうそうです。

できれば太めのハンガーにかけ、風通しの良い場所で2〜3日干します。

 

晴れている日に風通しの良い日陰で干すのがおすすめです。

直射日光に当てすぎると色落ちの原因にもなるので注意が必要です。

 

このような方法で、自宅でもダウンジャケットを洗うことができるんですね!

クリーニングに出さずに自宅で洗えるとは驚きました。

 

洗い方も簡単なので、自分で洗ってみようと思いました。

 

ダウンジャケットの洗濯表示は?

洗濯表示はどの洋服にもついていますよね。

洋服を買うときに洗濯表示を確認してから買う人もいるのかもしれません。

私は洗濯表示はあまり確認せずに購入していました。

 

ダウンジャケットの手洗い方法を紹介しましたが、
その前にまず手洗いできるのかどうかを洗濯表示で確認しておく必要があります。

 

洗濯表示を事前に確認せずに自宅で洗濯してしまうと失敗してしまいますので、

注意しましょう。

 

洗濯機マークと手洗いマークが表示されていれば自宅での洗濯が可能です。

 

バツのマークが表示されている場合は残念ながら自宅での洗濯はできません。

クリーニングに出す必要があります。

 

トレーナーやインナーなどはたいてい自宅で洗えるので
洗濯表示を確認せずに買っても問題ありませんが、

ダウンジャケットは自宅で洗えるもの、洗えないものに分かれてしまうので、
購入するときに洗濯表示を確認しておけば良いいですね。

 

この一手間で購入するか考えることができます。

 

ダウンジャケットを購入する前に一度洗濯表示を確認してみてください。

 

まとめ|ダウンジャケットの洗濯の頻度

ダウンジャケットは自宅でも洗えるものがありました。

クリーニングに出す前に一度洗濯表示を確認してみようと思いました。

 

また自宅で洗えなくても、シーズンオフにはきちんとクリーニングに出し、
ダウンジャケットをきれいな状態で保ちたいと思います。

 

ダウンジャケットをきちんと保管するためにも自宅で洗うかクリーニングに出すかして、
また次のシーズンに気持ちよく着られるように心がけていきたいですね。