ココシャネルの生き方!壮絶な人生と驚きのエピソード

フランスのファッションデザイナーで企業家だったココシャネル。

誰もが知っている有名ブランド「シャネル」その革命的なファッションは女性たちを魅了しました。

それまでの華美で窮屈な、きついコルセットやふんわりしたスカートを見事に過去のものとし20世紀ファッションに革命を起こしたココ・シャネル。

強い女性というイメージが強いですが、どのような生き方をしたのでしょうか?

どうやら、世界的デザイナー、ココシャネルの人生は壮絶なものだったようです。

そこで、ココ・シャネルについて調べてみました。

ココ・シャネルの壮絶な人生

本名はガブリエル・ボヌール・シャネル

1883年8月19日生まれ、11歳で母親を病気で亡くしています。

やがて、行商をしていた父親に捨てられ、孤児院や修道院で育ちました。

子供時代に両親のいない生活をしなければならないとは、どんな気持ちで生きていたのでしょうか?

 

18歳になると洋品店のお針子仕事をしながら、ショーパブで歌うようになり人気を博しました。

しかし、実力ではなく客寄せでステージに立たされていた事を知り、歌手の道を断念。

 

その当時、恋人であった裕福な将校が持っていた郊外の牧場で過ごすことになりました。

暮らしに困ることのないうえに、上流文化に触れ、多くのものを学びました。

 

上質の価値観や知性を身につける機会となったのです。

高級ブランドを作り出すのに必要な感性は、ここで得ることが出来たのですね。

もちろん、もともとの才能も備わっていたと思います。

 

子供時代に両親と別離するという悲惨な状況だったにもかかわらず、環境に恵まれたのか上質の価値観や知性を身につける機会を得ることができたのもすごいです。

世界的ブランド「シャネル」の始まりは帽子だった

帽子作りに興味を持ったシャネル。

シャネルが作り出した帽子は大好評で、お店を出すことを進められるほどでした。

 

出資の話を持ちかけたのはイギリスの実業家アーサー・カペル、シャネルの恋人となる人物です。

これが世界的ブランド「シャネル」のはじまりとなりました。

 

帽子から洋服へと創作のフィールドは広がり、1915年に洋服も取り扱う「メゾン・ド・クチュール」がオープン。

 

ところが、1939年に第二次世界大戦が勃発。

シャネルはブティックを閉じ、ファッション界から姿を消します。

 

そして、第二次世界大戦中にドイツ将校などと親しくしていたことから、フランス軍に逮捕されます。

幸い友人のイギリス首相チャーチルの計らいで釈放されますが、10年間スイスで亡命生活を送ることに。

 

ものすごい人脈の持ち主だったのですね。

今でも愛されるブランドへ

1954年にファッション界に戻ったシャネル。

女性の社会進出が進んだアメリカで特に受け入れられました。

 

翌年には、過去50年間で最も影響力を与えたファッションデザイナーとして「モード・オスカー賞」を受賞。

 

シャネルは婦人服へのジャージー生地の導入、日常生活における利便性とファッション性を両立したスーツなど、現代のファッションに多大な影響を与えました。

 

スポーティー、カジュアル・シックな服装が女性の標準的なスタイルとして確立させたと言われています。

 

今では当たり前と思われるスタイルも当時は画期的だったのですね。

最後もお気に入りのスーツ姿で

 

1971年、住まいにしていたホテルリッツの部屋で亡くなります。

シャネル自身の希望から、最後はお気に入りのシャネルスーツで埋葬されました。

 

最後まで、デザイナー「ココ・シャネル」を貫いたのですね。

 

シャネルの驚きエピソード

自分の信念をしっかり持った女性、シャネル。

そんな彼女には、驚きのエピソードがあります。

公爵からのプロポーズを断った

シャネルは英国の第2代ウェストミンスター公爵ヒュー・グローブナーと10年ほど交際。

結婚を申し込まれましたが、シャネルはあっさり断りました。

 

後に、このように語っています。

 

「公爵夫人はたくさんいるけれど、ココ・シャネルは私一人しかいないから」

この、みなぎる自信!カッコ良いですね~。

デザイナーにも強気な態度

シャネルは、多くのデザイナーに影響を与えた事を、自身でもよく分かっていたようです。

 

イブ・サンローランについて、こんな皮肉な発言も。

「彼は素晴らしいセンスの持ち主ね。私をコピーすればするほど、どんどんセンスがよくなっているわ」

 

シャ、シャネルさん…、すごいです…。

王室のリクエストを拒否

シャネルはタダ働きを嫌がり、王室のためのデザインは拒否しました。

「まったく、王女や公爵夫人たちときたら絶対にお金を払わないんだから。なぜ、私が無償で何かをあげないといけないの? 私には、誰も何もくれなかったわ」

女性のメイクは必須

シャネルは素顔の女性を好ましくは思いませんでした。

そのため、シャネルがアトリエに到着する頃になると、モデルたちは慌ててメイクをしたそう。

 

「ベッドで隣に寝ている男性の気持ちを考えなさい。誰も起きてすぐに青白い顔の女性など見たくないでしょう?」

 

シャネルはベッドサイドに常に頬紅を用意していました。

ココ・シャネルは言葉がきつかった

シャネルは相手が誰であれ、ズバズバと発言しました。

 

フランスの女優、ブリジット・バルドーには「金の亡者」だと評しました。

豊かなバストについても「大きすぎる」とバッサリ!

 

ファッションエディターに対しても容赦ありませんでした。

「猿みたいな顔をしているし、口が悪すぎる」

「これほど偉ぶった女性に会ったことがない」

 

その発言は、周囲を度々驚かせていたのです。

 

なんて、強気だったのでしょう。

成功するには小心者ではダメなのでしょうね。

ココ・シャネルの生き方を現す名言は女性の人生のお手本

シャネルは素晴らしい名言も残しています。

 

  • 「美しさは女性の武器であり、装いは知恵であり、謙虚さはエレガントである」
  • 「実際にどう生きたかということは、大した問題ではないのです。大切なのは、どんな人生を夢見たかということだけ。なぜって、夢はその人が死んだ後も生き続けるのですから」
  • 「失敗しなくちゃ、成功はしないわよ」
  • 「私は流れに逆らって泳ぐことで強くなったの」
  • 「人生がわかるのは、逆境の時よ」
  • 「20歳の顔は自然の贈り物、50歳の顔はあなたの功績」

 

波乱万丈な人生だったからこそ言える言葉の数々ですね。

憧れのブランド「シャネル」の口コミは?

Twitter

 

まとめ

女性のファッションはもちろんの事、人生のお手本でもあったココ・シャネル。

シャネル・ファッションだけでなく、その生き方もずっと女性たちの心に残ることでしょう。

最近では、若い女性の間でヴィンテージCHANELが流行しているようです。

ヴィンテージCHANELとは?どのくらい人気なの?
CHANELを知らない人はいないですよね。1909年創業なのでもう100年以上も昔から色々な製品が世に送り出されているということになります。 もちろん今も新作は発表されているのですが,なぜだか最近昔のシャネルが人気だというのです。 ...