タンメンとは?その魅力とラーメンとの違い!野菜たっぷり満足度100%

身近なようでも、じつは詳しく知らないタンメン。

塩味だけども塩ラーメンとの区別も、あいまいな感じの不思議な存在ですよね。

そこでタンメンについて調べてみました

タンメンは究極の野菜ジュース!もはやサプリメント !

「タンメンは、究極の野菜ジュース! もはやサプリメント!」

と言いきる タンメンマニアの男性は、山本剛志さんです。

山本剛志さんは12,000食のラーメンを制覇した方です。

気軽に食べれるコンビニ、ファミレス、そして専門店のタンメンをブログで紹介。

マニアだからこそ知っている謎のワード。

「タンギョウ」「タンホイ」「タンマ」に興味津々です。

野菜シャキシャキ&激ウマスープの 食欲そそるタンメンを紹介します。

タンメンの大きな特徴

 野菜や豚肉などを炒めたものに、塩味に調整した鶏ガラスープを加え、

茹でた中華麺を加えたものがタンメンです。

中華鍋で作ることが多いです。

野菜がたくさん盛ってあるイメージがありますよね。

ラーメンとタンメンの違いは?

皆さんはラーメンとタンメンの違いについて考えたことはありますか?

いつも食べていても違いについて、疑問に思ったこともないような・・・。

 タンメンとは何か?

中華料理だと思っている方が多いのではないでしょうか。

意外ですがタンメンは、関東地方で食されている日本の麺料理だそうです。

発祥、元祖は関東圏。

味の核となるのが鶏ガラスープ。

鶏のエキスと野菜の旨味が溶け合い美味しくなるそうです。

一方、他の地方でもタンメンと言われるものが存在します。

それは岐阜タンメン。

こちらは、おもに豚ガラペースで、にんにくを多く入れ、辛味ダレを加えるのが特徴です。

こちらも美味しそうですね。

 

ラーメンとタンメン。何が違うのか?

タンメンの特徴をご覧になってお気づきかもしれませんが、タンメンは初めに具材を炒めています。

これがラーメンと大きく異なる部分です。

 

つまり調理法に違いがあるのです。

【調理法】

・ラーメン

茹でた麺に店のオリジナルスープを加える➡ いろいろな具材を盛り付ける

・タンメン

肉や野菜を炒める➡炒めた具材でスープを作る➡麺を加える➡いろいろな具材を盛り付ける

ちゃんぽんも似てる?

名前のとおり、ちゃんぽん(さまざまなものを混ぜたもの)。

なので、野菜、かまぼこ、魚介など、多種の具材が入っています。

そしてラードで炒め、鶏ガラや豚骨などで作ったスープで味をととのえます。

長崎の名物料理として有名です。

太めの麺が特徴。

人気のタンメン店をご紹介!

タンメンのことを知ったら無性に食べたくなりました。

タンメンのお店を調べてみると、これが結構たくさんありまして♪

こちらでは3店舗ほど、ご紹介します。

★タンメンしゃきしゃき

こちらのお店は錦糸町に本店。そして 新橋店、九段下店があります。

タンメンしゃきしゃきは、タンメンと餃子の専門店。

食べたらやみつきになるメニューがあるそうです。

その名も「タンギョー

初めて聞くと何のことかと思いますが、タンメンと餃子のセットです。

このお店のタンメンの特徴は、あっさりコクのある塩味スープ。

そして、もりもり野菜と太いちぢれ麺。

餃子はかなりのボリュームで肉と野菜がたっぷり♪

ガッツリいきたい時にいいですね。

錦糸町本店  東京都墨田区錦糸3丁目3-3   ☎ 03-3624-4541

新橋店    東京都港区新橋4丁目6-7    ☎ 03-3437-7222

九段下店   東京都千代田区九段北1丁目7-3 ☎ 03-5588-9252

★はつね(西荻窪)

タンメン好きが、おすすめの下町感あふれるお店です。

行列が出来る人気店!

路地裏にひっそりと佇んでいます。

物腰やわらかな、ご主人の丁寧な仕事っぷりもファンが多い理由なのでは。

古いお店ですが清潔感ある店内は、ご主人の良い人柄がにじみでています。

 

東京都杉並区西荻南 3丁目11-9   ☎ 03-3333-8501

 

★タンメン本舗ミヤビ(大泉学園)

ラーメン店が多いエリアのひとつですね。

店の入れ替わりが多いイメージがある方も、いらっしゃるのでは?

そんな中でもコアなファンに支えられているお店です。

野菜増しの嬉しい無料サービスあり。

「無料サービス。」・・・良い響きですね♪

いろいろな種類のタンメンが選べます。

タンメンでありながらつけ麺タイプも楽しめるメニューも!

ありそうでないお店 です。

 

東京都練馬区東大泉 6丁目34-18   ☎ 03-5935-4212

 

タンメン好きが伝えるタンメンの口コミは?

 

 

 

ひと口で、タンメンと言っても、それぞれのお店のカラーがあり、なかなか奥深い世界です。

タンメンを食べる手段も、コンビニ、ファミレス、専門店といろいろ選択肢があります。

便利な環境に恵まれホントありがたいですね。

野菜たっぷり満足タンメンの魅力 !まとめ

 炭水化物ダイエット、グルテンフリーなど・・・。

何かと肩身のせまい思いをしている麺類たち。

そして、これまた悪者イメージの油。

タンメンは野菜いっぱいのため、そんなマイナスイメージが和らぐフードではないでしょうか?

えっ、錯覚?

それでも、良いのです~。

美味しいものは、美味しい♪

何でも食べすぎは良くないですが、お口にするときは罪悪感ゼロで感謝して頂きましょう♪

 

めっきり寒くなってまいりました。

美味しい、タンメンを食べて体も心も、ぽっかぽかに温まりましょうね。