賞味期限切れの卵を使ったレシピ

朝ごはんやお弁当などに使うことが多い卵。

冷蔵庫の中には必ずと言っていいほど卵があるもいう家庭も多いのではないでしょうか。

私も卵はよく使うので、冷蔵庫の中には卵を切らさないように買っています。

 

しかし、卵の賞味期限は意外と短く、気づいたら賞味期限が切れてしまっていたということもよくあります。

 

賞味期限が切れてしまった卵は食べられるのでしょうか。

賞味期限切れの卵を使ったレシピや、半熟卵についてなど、卵の賞味期限について調べてみましたので、紹介いたします。

賞味期限切れの卵を使ったレシピは?

卵の賞味期限はどのような目安で決められているのでしょうか。

卵は賞味期限が短く、買いすぎてしまうと、気付いたら賞味期限が切れてしまったという経験ありませんか?

 

賞味期限が切れたからといって、卵が食べられなくなってしまうわけではありません。

 

卵に表示されている賞味期限生食できる期限として定められています。

 

卵の賞味期限は時期により異なるのです。

  • 7月から9月の夏場産卵後16日以内
  • 4月から6月と10月から11月の春秋産卵後25日以内
  • 12月から3月の冬場産卵後57日

と決められています。

 

また賞味期限内であっても卵にヒビが入ってしまったものは痛みやすくなっているので、生で食べるのはやめた方が良いです。

 

賞味期限が切れてしまった生卵はサルモネラ菌が増えていってしまいますが、加熱処理すれば菌は死滅するため、安心して食べることができるそうです。

 

加熱処理の目安は70度以上で1分以上、他の食材と混ぜ合わせて使う場合は75度以上で1分以上で菌が死滅するそうです。

 

賞味期限が切れてしまった卵は加熱処理すれば安心して食べられることが分かりましたが、全てに火が通っていない卵料理は菌が生き残っている可能性があるので気をつける必要があります。

 

半熟の卵焼きや親子丼、温泉卵や卵がとろとろのオムレツなどは火が全てに通っていないので、賞味期限が切れた卵で料理するのはおすすめしません。

賞味期限が切れてしまった卵におすすめのレシピは簡単なものだと卵焼きやオムライスなどがあります。

野菜をたくさん使ったキッシュや茶碗蒸し、味付け煮卵などもおすすめです。

 

卵の賞味期限は生食できる期限だとは知りませんでした。

また季節によって賞味期限が異なることも驚きました。

 

何となく卵は賞味期限が切れてしまうとすぐに痛んでしまったり、菌が繁殖してしまい食べられないというイメージがありましたが、そうではないことがわかりました。

賞味期限が切れてしまった卵、半熟卵は大丈夫?

卵の賞味期限は生で食べる期限ということが分かりましたが、半熟はどうなのでしょうか。

 

加熱処理すれば、菌は死滅しますが、半熟だとやはり菌が生き残っている可能性があります。

しっかりと中まで十分に火が通っていない半熟卵は賞味期限が切れた卵で作ることは良くないそうです。

 

ゆで卵の例でみてみると、固茹でしたゆで卵も、半熟卵も火を通していることには違いありませんが、半熟卵の場合は黄身が生の状態に近いと思います。

中までしっかりと火が通っていない半熟卵は賞味期限の切れた卵を使って作ることは避けましょう。

 

私は半熟卵が好きで、よく作っていましたが、中まで火が通っていないので、賞味期限が切れてしまった卵では作らないように気をつけようと思いました。

賞味期限切れの卵でフレンチトーストは作れる?

朝ごはんやちょっとしたおやつにフレンチトーストをよく作ります。

 

賞味期限が切れてしまった卵でもフレンチトーストは作ることは可能ですが、注意する点があります。

 

フレンチトーストを作る際は、賞味期限切れの卵の他にも牛乳やお砂糖を使うと思いますが、他の食材と混ぜ合わせて使う場合は75度以上で1分以上の加熱が必要になります。

 

半生の状態にならないように気をつけ、しっかりと加熱処理しましょう。

 

フレンチトーストはふわふわで美味しいですよね。

賞味期限が切れてしまった卵でも作ることは可能ですが、きちんと加熱処理しないといけません。

 

しっかり加熱するとフレンチトースト独特のふわふわ感はなくなってしまうかもしれません。

賞味期限が切れていない卵で作った方がふわふわな食感も残り、おいしいと思います。

 

できるだけ賞味期限が切れていない卵でフレンチトーストは作ろうと思います。

まとめ|賞味期限切れの卵を使ったレシピ

卵の賞味期限は切れてしまうと傷んでしまったり、菌が心配で食べられるのか不安でした。

捨ててしまった方が良いのかと都度悩んでいました。

 

賞味期限が切れてしまうと生の状態や半熟卵では食べない方が良いですが、きちんと温度と加熱時間を守り、加熱処理すれば食べられるということが分かりました。

 

料理やお弁当に使うことの多い卵ですが、気付いたら賞味期限が切れてしまったということもありました。

これからはきちんと加熱処理して無駄なく使おうと思いました。

 

また季節によっても賞味期限が異なることも知りませんでした。

卵の賞味期限は時期もきちんと考えて、生でも安心して食べられるように決められているので、生で食べる場合は賞味期限を守ろうと思います。

 

賞味期限が切れてしまった卵でも調理することは可能ですが、できたら賞味期限が切れる前に使い切れるように必要な分だけ買おうと思いました。

 

卵が無駄にならないように卵を使った料理のレパートリーを増やしていこうと思います。