羽生結弦NHK杯再放送!トップフィギュアスケーター10年間の軌跡

我が日本の王子様と言っても過言ではない、トップスケーター羽生結弦さん。

その美しく力強い演技は、人々を魅了し続けています。

 

そんな羽生さんの「NHK杯」初出場から全ての演技を一挙再放送!

そこで、改めて羽生結弦さんについて調べてみました。

羽生結弦の歩みをNHK杯とともに振り返る

4月29日の放送は、羽生結弦さん自身が「特別な大会」というNHK杯のショートとフリー全ての演技を一挙放送。

2010年15歳の初出場から2019年4回目の優勝までを羽生結弦さんの歩みとともに振り返ります。

羽生結弦さんを存分に楽しめる内容です。

トップスケーター羽生結弦のプロフィール

 

生年月日 1994年12月7日

出生地:宮城県仙台市泉区

身長:172cm

体重:57kg

血液型:B型

趣味:音楽鑑賞

所属:全日本空輸ANA

早稲田大学(人間関係部通信教育仮定)在学中

父親は、中学校の教員・母親は専業主婦・4歳上の姉の4人家族。

 

結弦という名前は父親が命名。

「弓の弦を結ぶように凜とした生き方をしてほしい」

このような思いが込められています。

 

名前のとおり、凜とした方に成長されましたね♪

スケートを始めたきっかけは?

スケートを始めたきっかけの1つに、2歳の頃からの持病・喘息を克服するという目的があったそう。

 

スケートは屋内スポーツ。

氷の上なら、ほこりを吸い込むリスクも少なく喘息治療に向いていたのです。

 

肺を大きく開いて息を吸い込むことが出来ないため、特に10代の頃は体力、持久力の面で劣るという指摘がありました。

 

しかし、投薬治療・吸入薬・針治療・気道を開く施術・移動時や練習時にマスクを着用(心肺機能を上げるため)するなどの対策をしました。

 

しかし決して完治したわけではなかったようで、2017年時点で「発作を起こす」と明かしています。

ハンディがある中、スケートを続けているのですね。

 

その情熱も凄いですが、持病を持ちながらの素晴らしい戦績には驚かされます。

くまのプーさんが大好き

羽生結弦さんと言えば、くまのプーさん好きで有名ですね。

「いつも変わらない、あの表情をみるとリラックスできる」と語っています。

https://twitter.com/amazingyuzu/status/1251774054249324545

 

試合の際には必ずリンクに連れてきますが、オリンピックなどは商標権の問題で持ち込めないケースもあります。

その時は選手村の自室でプーさんはお留守番。ちょっと寂しいですね。

 

そんなことから、今では国際大会で各国のファンが客席からプーさんのぬいぐるみを投げ入れる光景が定着しました。

 

お馴染みの光景には、こんな理由があったのですね♪

 

残念ながら、あまりの大量のプーさんを全て連れて帰る事が出来ず、現地で寄付するとのこと。

それぞれの家庭で可愛がられるといいですね♪

羽生結弦 華麗なる戦績

それでは、過去の戦績を紹介します。

 

獲得した金メダル

 

男子シングル

  • 2014年 ソチオリンピック
  • 2018年 平昌オリンピック
  • 2014年 さいたま世界選手権
  • 2017年 ヘルシンキ世界選手権
  • 2020年 ソウル四大陸選手権
  • 2013年 福岡グランプリファイナル
  • 2014年 バルセロナグランプリファイナル
  • 2015年 バルセロナグランプリファイナル
  • 2016年 マルセイユグランプリファイナル
  • 2010年 ハーグ世界ジュニア選手権
  • 2009年 東京ジュニアグランプリファイナル

 

団体

  • 2017年 東京世界国別対抗戦

 

合計12枚の金メダルのほか、銀メダル8枚、銅メダル2枚を獲得しています。

記録

  • アジア男子初オリンピック金メダル
  • アジア初オリンピック2連覇
  • 男子初スーパースラム
  • アジア男子初ゴールデンスラム
  • 男子初グランプリファイナル4連覇
  • 史上初 4回転ループジャンプISU認定
  • 史上初 総合得点300点、SP100点、FS200点
  • 歴史的記録 総合得点、SP、FS歴史最高得点

 

本当に素晴らしいですね!

2018年に国民栄誉賞、2014年、2018年に紫綬褒章、その他多数の賞を受賞しています。

 

ため息が出るほどの功績です。

モチベーションを保つだけでも相当の努力が、必要なのではないでしょうか?

東日本大震災を経験

東日本大震災では、仙台のリンクで被災。

2011年3月11日…ちょうど、リンクで練習中の出来事でした。

 

大きな揺れを感じ、羽生さんはスケート靴を履いたまま屋外へ飛び出しました。

家族4人で4日間の避難所暮らし、畳1畳に毛布1枚の生活を経験。

 

羽生さんは当時16歳、多感な時期に思わぬ環境を強いられました。

練習場が利用出来なくなり、復興支援のショーに60以上も出演しながら技術を磨きました。

 

震災の10日後には、別のスケートリンクで練習を再開。

しかし、羽生さんの胸の内は複雑なものでした。

 

自分が特別扱いされたことのうしろめたさ…。

被災地に、まだいる人たちに対して申し訳ないという気持ち…。

 

「自分のスケートのために自分だけが逃れていて、本当にいいのかな」

というような、さまざまな葛藤がありました。

 

「被災地代表みたいに何でも取り上げられるのが嫌だった」という時期もあったそう。

 

さまざまな揺れる想いの中「自分にできることはスケートだけ。スケートを通して少しでも多くの人に勇気を与えられればいい」という心境にたどり着きました。

 

被災しただけでも大変な事なのに、注目を浴びる存在ということで更なる苦悩があったのですね。

皆に元気をくれる羽生結弦さん

2020年「最新世界ランキング1位」に!

穏やかな人柄ですが、リンクの上に立つと「誰にも負けたくない」という、強い意志が伝わってくるような羽生結弦さん。

 

何より自分と戦っているようにも思えます。

そのオーラは世界中の人々を魅了しています。

羽生さんの演技から学べるものがたくさんありますね。

 

国際スケート連盟は、2020年4月20日「フィギュアスケート最新世界ランキング」を発表。

男子の1位は羽生結弦さんとなりました!

 

嬉しいニュースですね♪

今後も羽生結弦さんがスケートを通して、世界中の人々に勇気と希望を与えてくれることでしょう。