新嘗祭とは?

皆さんは新嘗祭(にいなめさい)をご存知でしょうか?

 

新嘗祭とは、天皇陛下が神々に豊作の感謝を伝える儀式です。

毎年11月23日に宮中で執り行われている歴史ある儀式なんです!!

私たちにとって11月23日といえば勤労感謝の日ですよね?

実はその日に天皇陛下は国民を代表して1番大切な祭祀を行っているんです。

それはとても重要な儀式であり大変な儀式であることが分かりました。

日本人として知っておくべき儀式ですね。

今回は、あまり知られてはいない「新嘗祭」について詳しくご紹介していきます!

 

新嘗祭の儀式とは?天皇陛下の役割って?

 「新嘗祭」は、その年に取れた収穫物を神さまに捧げ感謝する儀式です。

米をはじめとする五穀(米・ 稲・麦・栗・大豆・小豆)が代表的な物とされています。

神さまにこれらを捧げた後、その年の収穫に感謝する儀式を行うのです。

昔は穀物を献納し、神様に新米を供えて初めて、人も新米を食べることができたそうです。

天皇陛下は日本国民の代表として儀式に臨まれているんですね。
皇室では、宮中祭祀の中の最も重要なものであり、最も古い儀式とされています。

天皇陛下が神嘉殿(しんかでん)において新穀を皇祖はじめ神々に供え、
神恩を感謝された後、陛下自らも召し上がります。

 

この新嘗祭の歴史は古く、西暦642年の飛鳥時代まで遡ります。

皇極天皇の時代になります。

ただ、新嘗祭がなぜ始まったかの詳細は明らかになっていません。
新嘗祭が行われなかった年もあるようですね。

明治6年に新嘗祭が11月23日に固定されました。

それ以前は11月の 2番目の「卯の日」と定められていました。

※明治 6年は日本が現在の新暦を採用した年であり、
以前に行われていた新嘗祭の日付は旧暦の月日によっていたと言うことです。

改暦が行われ、それまで旧暦の第 2の卯の日(「中卯」と表した)と定められていた
新嘗祭の日付を急遽新暦に適用することになりました。

その際に旧暦・新暦の差を考慮せず、「11月の中卯」を適用した結果、
明治 6年はその日が11月23日だったのでこの日とされたのです。

そのまま現在にいたります。

とても歴史の古い儀式なんですね!!

 

新嘗祭が行われると新米解禁!!

この新嘗祭は天皇陛下にとって大変気力・体力を使う儀式なんだそうです。

11月23日の夕刻(午後6時)と暁刻(午後11時)に宮中で執り行われます。

この祭祀の間はずっと正座をしていなけれがなりません。

・夕の儀(6時~8時)の2時間

・暁の儀(11時~深夜1時)の2時間

 

「国家の最大の行事である新嘗祭の祭祀中に、足のしびれで邪念がはいらないように」

天皇陛下は新嘗祭が近づくと正座をして体をならしているそうです。

正座も大変ですが身に着ける「御祭服(ごさいふく)」も大変です。

 

新嘗祭の「夕の儀」に合わせて陛下は湯で身を清めます。

その後、白の絹でできた伝統の「御祭服(ごさいふく)」に身を包むのです。

この白装束がとてつもなく重たく、身動きもなかなか取れないそうで
着替えるだけで数十分かかります。

暖房も無い中で2時間儀式に臨むわけです。

儀式中は、カミゴトを手助けする2人の巫女(采女ウネメ)のみ入れます。

中で何が行われるかは、分かりません。

 

天皇陛下は2,600年間歴代天皇が行ってきた儀式を受け継がれているんですね。

新嘗祭では全国47都道府県の全てから届けられたお米を神さまと直会(なおらい)します。

このような流れから「天皇陛下が新米を召し上がり、新米が解禁される」とも言われています。

これは私達自身が命の恵みに感謝を忘れずいただくという気持ちにさせられます。

天皇陛下だけのことではない気がします。

あくまで国民の代表として儀式にでていただいていますが、
私たちも同じ気持ちで11月23日を過ごしたいですね。

 

まとめ|新嘗祭とは

 いかかでしたか?

日本人として新嘗祭を知っている方はどれくらいいたでしょうか?

11月23日は勤労感謝の日であり、新嘗祭なんですね。

子どもに「11月23日は勤労感謝の日だよ。働いている人に感謝する日なんだよ」
と言っていました。

訂正しなくてはいけません。

新嘗祭の話をすることはとても意味のあることではないかと感じました。

新嘗祭は「恵みに感謝する」ことでした。

勤労感謝の日とは「働けることに感謝する」そういった意味なのかもしれません。

今ある自分とその周りに感謝しなくてはいけない。

そんな思いになりました。

 

今年84歳の天皇陛下の体力も考慮し新嘗祭も時間を短縮して臨まれていたそうです。

いよいよ平成が終わろうとしていますね。

次の新嘗祭には新天皇陛下が儀式を行われます。

来年の11月23日は今までとは違う気持ちで1日を過ごす。そんな気がします。