市販味噌の賞味期限はどのくらいか調べてみた

日本独自の調味料である味噌。

身体にも良い調味料としても有名です。

お味噌汁や炒め物などに使え万能な食材です。

 

海外でも、味噌は「miso」で通じるようです。

 

私は味噌汁を飲むとほっこりと安心した気持ちになるため、食事には味噌汁は欠かせません。

最近では味噌汁を飲まないという人も増えてきているようですが、味噌汁を飲まない人にとったら味噌はあまり使わない調味料になると思います。

 

市販味噌の賞味期限はどのくらいもつのでしょうか。

市販味噌の正しい保存方法はあるのでしょうか。

また、冷凍保存は可能なのでしょうか。

 

日本独自の調味料である味噌について調べてみましたので、紹介いたします。

市販味噌の賞味期限は?

私はほぼ毎日味噌汁を作るので、味噌の賞味期限をあまり気にしたことがありませんでしたが、味噌の賞味期限はどのくらいもつのでしょうか。

 

味噌汁を普段あまり飲まない人は味噌はあまり使い道がない調味料なのかもしれません。

 

冷蔵庫のない時代から味噌はあり、正しく保存していたら基本的には腐ることはないそうです。

また、発酵食品である味噌は長期保存が可能だそうです。

 

市販味噌の賞味期限は開封していても、していなくても冷蔵庫で保存していれば約1年程もつそうです。

冷蔵保存の場合、湿気が多い場所を苦手とする味噌の保存に適しています。

 

冷蔵庫の中は温度もほぼ一定であるため、長期保存が可能になります。

味噌が空気に触れないようにしっかりと密閉してから保存するようにしましょう。

 

また、最近では健康への意識も高まり、減塩味噌や出汁入りの味噌が売られているのも目にします。

 

減塩味噌や出汁入りの味噌は普通の味噌とは違い、賞味期限もやや短く、少し腐りやすくなっているようなので、開封後は出来るだけ早めに使い切るようにしましょう。

 

あまり味噌を使わないという人は減塩味噌や出汁入りの味噌は避け、普通の味噌を購入すると良いと思います。

 

市販味噌は約1年も賞味期限があることを知りませんでした。

今では色々な種類の味噌が販売されているので、長期保存可能なので、いつもとは違う味噌にも挑戦して違いを楽しんでみたいと思いました。

味噌の保存方法は?

味噌は冷蔵庫で保存したら1年程もつことが分かりました。

冷蔵庫で保存する際、気をつけることがあります。

 

味噌は空気に触れると風味が落ちやすくなってしまうようです。

そのため、冷蔵庫で保存する場合、空気に触れないようにしっかりと密閉することが大切です。

 

味噌を買ったときに、表面に紙のシートのようなものが入っていると思いますが、それは捨てずに取っておきましょう。

 

このシートを上に被せておくと、味噌を空気から守ってくれます。

味噌は空気に触れてしまうと、表面が白くなり、カビのようなものが発生しやすくなってしまいます。

 

もし、シートを捨ててしまった場合や、買った味噌にシートがついていなかった場合は、味噌の表面をスプーンなどで平らにし、サランラップを上から覆うようにしましょう。

 

また味噌は乾燥にも弱いため、保存している容器のフタはきちんと閉めて、開いていないか確認した方が良いです。

 

味噌は空気と乾燥に弱いので、正しい保存方法を守り、美味しい状態を保てるように気をつけようと思いました。

 

表面についているシートも捨てた方が良いのか分からずに、何となくいつも取っておいて上に被せていましたが、シートにもきちんとした役割があるとは知りませんでした。

 

今後もシートは捨てずに味噌の上に被せて空気や乾燥から守るようにしたいと思います。

市販味噌の冷凍保存は可能?賞味期限は?

味噌は冷凍保存できるそうです。

菌の繁殖や発酵も防げるので、冷蔵保存よりも冷凍保存の方が味噌には向いているといいます。

 

冷凍保存の賞味期限は約1年から2年程度だそうです。

冷蔵保存よりもはるかに長く保存が可能になります。

 

保存方法は簡単で、味噌を空気に触れないように1回分ずつにわけて、サランラップで包みます。

それをジップロックなどに入れて冷凍庫で保存します。

 

味噌はマイナス30度にならないと凍らないそうです。

家庭用の冷凍庫はマイナス5度から20度が一般的で、その温度だと味噌は凍ることなく保存が可能です。

 

味噌を多めに買ってしまったり、しばらく使う予定がない場合は冷凍保存がおすすめです。

 

また減塩味噌や出汁入りの味噌は中に含まれている調味料が凍ってしまう場合があるそうなので、冷凍保存ではなく、冷蔵保存が適しています。

 

市販味噌が冷凍庫で保存でき、さらに賞味期限が1年から2年もつなんてとても驚きました。

 

冷凍庫に余裕があるときや、すぐに使わない場合は冷凍保存してみようと思います。

 

1回分ずつにわけて冷凍するので、使うときに都度計らなくて良いため、時短にもなるし、忙しいときに便利だと思いました。

まとめ|

日本独自の調味料である味噌は、長期保存が可能ということが分かりました。

 

市販味噌を保存する際は空気や乾燥に気をつけて、できるだけ良い状態で保存するようにしようと思います。

 

味噌汁はもちろん、炒め物などにも使え、身体にも良いとされている味噌。

今ではたくさんの種類の味噌もお店で見かけるようになってきました。

今度はいつもの味噌ではなく、違う味噌にも挑戦して味の違いなどを楽しんでみようと思います。