妊娠中、指輪が外せなくなった!!指のむくみの取り方は?

妊娠してからというもの、体の色々な部分に変化が出てきますよね。

胸が張ったり、お腹が出てきたり、体重の増減も。

 

むくみもその一つ。

 

出産が近くなると、指輪を外すように。と言われます。

帝王切開になった時、指輪がスッと抜けない場合は、切られてしまうんです!

そんな時、指がむくんで外れない!となると、焦りますよね。

 

私も焦った張本人です。

指輪が抜けない時!むくみの対処法と指輪の外し方についてまとめました。

 

妊娠中のむくみは指にも!むくみの対処法

妊娠中は、妊娠前と比較して、体内のバランスが変わってしまうので、どうしてもむくみやすくなります。

スポーツをするなどして、体を動かすことで解消する。

と言われていますが、妊娠中にしっかりスポーツをすることは難しいですよね。

 

私は安静指示が出されていたので、出産ギリギリまで、運動をすることは不可能でした。

切迫早産なんて私には無縁!と思っているかもしれませんが、妊娠中は何が起こるかわからないので、スポーツをするという場合は、一度先生に相談してみると良いでしょう。

 

スポーツをしなければ!と思わなくとも、むくみを解消する方法はあります。

 

グーパー運動

これはとっても簡単。

座ったまま、寝たままでもできちゃいます!

 

両手を前に出し、そのままグー。

そして、パーにしてください。

これを何度か繰り返していると、手のひらや指の血行が良くなり、むくみも解消されてくるはず!

 

指のマッサージ

指の付け根から、指先に向かって、少し強めに押して行きましょう。

血行をよくするよう、1本ずつ爪の先まで丁寧にマッサージします。

 

また、指を反対の手で握り、外側へ向かってねじるのも簡単でオススメです。

お風呂で行うと、さらに効果的!

 

エクササイズ

両腕を心臓より高くして血行をよくしてあげます。

バンザイの状態で、グーパーするとより効果的!

 

どの方法も簡単で、テレビを見ながらでも可能!

ちょっとした時間にすることができる上に、安静指示が出ていてもできちゃいます。

 

暇なときにお試しあれ!

 

むくみに良いと言われる「カリウム」は、きゅうりに含まれている!

むくみとは、塩分の取りすぎによって起こります。

 

むくみ解消には、

まず塩分を摂りすぎないことが大切です。

 

とは言っても、塩分の高いものって美味しいんですよね。

つい食べすぎちゃう。

そうなった時には、きゅうりを食べてむくみに対抗しましょう!

 

きゅうりには多くのカリウムが含まれています。

カリウムには利尿作用があり、体内にある余分な水分とともに、塩分を排出してくれる効果があるんです!

 

とは言っても、食べ過ぎは禁物。

妊娠中はトイレが近くなりやすいので、食べ過ぎると大変かも。

 

1日に1本程度を3食に分けて食べれるといいですね。

毎食サラダを食べるようにすれば、日頃の食生活にもプラスに働きます!

 

オススメレシピ(2人分)

 

きゅうり 2本

水煮大豆 100g

◎オリーブオイル 大さじ2

◎粉チーズ 大さじ1

◎酢 大さじ1

◎塩 小さじ½

◎コショウ 少々

 

1,きゅうりを1cm角に切る

2,ボウルに◎を混ぜ合わせて、きゅうりと大豆を加えて和える

3,コショウを振り味を整える

 

完成!

大豆には消化を促進する効果があり、一緒に食べることで代謝が高まり、むくみが取れやすくなりますよ!

レシピ引用:https://trilltrill.jp/articles/883932 

 

 

指輪が抜けない時の取り方

はめた時は余裕だったのに、気づいたら抜けない指輪。

外したいのに、外せないと、苛立ちや焦りがあったりして、余計抜けない!と感じますよね。

 

まずは、落ち着いて外す。というのが大前提!

焦りは禁物ですよ!

抜けそうなのに、抜けない!場合

1,つけている指輪の手のひら側を押し、甲側に隙間を作る

2,甲側の指輪を少しずつ指先の方へ動かしていく

3,ゆっくり繰り返して、指輪を抜いていく

 

急いでやろうとすると、うまくいかないので、落ち着いて、ゆっくりやるのがポイントです。

指輪と指の間に隙間ができない(指輪が動かない)場合

妊娠中はこのパターンが一番多いかな?と思います。

これまでつけっぱなしだった指輪は、なかなか抜けにくいかも?

そんな時はハンドソープを使ってください!

 

1,指を濡らす

2,指輪の部分にハンドソープをたらす

3,指輪をゆっくりと動かして、指と指輪の間にハンドソープをなじませる

4,指輪を回したりして、ゆっくりと指先の方へ動かしていく

 

ハンドソープ以外でも、食器用洗剤やオリーブオイル、サラダ油などでも代用可能です。

 

だいたいの場合は上記の2通りのやり方で抜けると思いますが、それでも抜けない!という場合もあるかと思います。

家にある糸を使って、指輪を外せる!

糸と言っても、ミシン糸などの細い糸ではなく、タコ糸などの太めのものを使用してください。

 

1,指輪と指の間に糸を通す

2,指先側の糸を、指輪から関節あたりまで指に巻きつける

3,巻きつけた糸の先を抑えながら、指の付け根側にある糸を指先側へひっばる

(引っ張りながら解いていくのがポイント)

4,指輪が少し移動したら、また同じように指先側の糸を関節に向かって巻きつける

 

1〜4を関節を超えるまで繰り返してください。

関節を超えることができれば、指輪は動かせるようになるので、抜けるようになります!

 

 

※糸を巻く時には、あまりきつく巻かないように注意してください。

 

 

お手軽なものから、ちょっと手の込んだ外し方もあるようです。

出産はいつ、何が起こるかわかりません。

大丈夫〜と気楽に構えていたら、気づいたら指輪が外せない!なんてことにならないように、事前に外しておくといいですね。

 

まとめ|妊娠中、指輪が外せなくなった!!指のむくみの取り方は?

妊娠中のむくみは、かなり多くのママさんが経験するもの。

足のむくみに意識が行きがちで、指は見逃していることが多い気がします。

指だけでなく、体のむくみも、きゅうりを摂取して、対策をして行きましょう!

 

少しむくんでいるかも?と思ったら、マッサージしたり、エクササイズして悪化しないようできるといいですね。

 

大切な指輪を切らなくていいように。

むくみとうまく付き合って行きましょう。