共働き子育て夫婦の家事分担

家事って、意外と大変ですよね。毎日毎日同じことの繰り返し。共働きをしながら家事をするとなると負担も大きくなります。

家事の中でも私は洗濯が好きではないので、これから先ずっと洗濯物と格闘するのか、と途方に暮れることもあります。
子育て世帯や大家族では、3回4回と洗濯機を回すことも珍しくないです。天気に左右されるので、梅雨時なんて、最悪。生乾き臭い洗濯物と戦う日々が続きます。

共働きの家庭では、家事分担が大切になってきます。
私もパート社員としてですが、日中働いています。

そんな私のうちを例に、どのように家事を分担していけば気持ち良く生活できるのか、効率よくこなすにはどうしたらいいのか、参考になればいいなと思いお話させていただきます。

子育て中の共働き世帯、家事分担は?

それぞれの職業や働き方にもよりますが、働きながら子育てに家事にとなると大変ですよね。

私はパートタイマーなので、まだ楽な方とは思いますが、フルタイマーや社員として働いている方は、もっと家事にかける時間が取れないのではないでしょうか。

そこで、夫婦で家事の分担です。

うちは、私が9時~16時までのパートで、主人はだいたい朝7時に家を出ます。
朝、主人のお弁当を作り、子供の朝ごはんを用意し、洗濯物を干します。
時間があれば、家の掃除もしてから出勤します。

帰宅後、洗濯物を取り込んで、主人が帰るまでに子供の宿題をみて、買い物に行って、
夕ご飯の準備をしながらお風呂掃除をします。

主人は18時~20時の間に帰宅するので、早く帰宅した日はお風呂の掃除や洗濯物を畳んだり、
食後の片づけをしてくれます。

ゴミ出しや、段ボールや新聞をまとめるなどの力仕事は、基本的に主人の担当で、
料理は私、というのはだいたい決まっています。
それ以外は、できるときにできる方がやるというスタイルが続いています。

こんなふうに、実はしっかりと分担はしていません。

子供の習い事や、通院などで私の帰りが遅くなる時は、
主人の仕事帰りに買い物を頼むこともあるし、
主人が子供の宿題をみてくれることもあります。

こうしてお互い様子を見ながら協力してこなすと、いい感じに家の中が回るはずです。
そして、いつも「ありがとう」をお互い意識して言うようにしています。

たまには、『やれるのになんでやってくれないの!?』と思うこともありますが、
それはお互い様ですしね。

効率よく家事ができる間取りと導線

家の構造や間取りも、家事に影響がありますよね。
家事をしやすい環境が作れれば、効率も上がります。

2階まで洗濯物を干しに行く手間、食事の時に食器を運ぶ距離、
室内に段差がたくさんあれば、掃除がしづらいです。

うちは平屋なので、洗濯物を干しに2階に上がることはありません。
寝室からデッキに出られるので、寝室の窓側に物干し竿を吊るして物干しに洗濯物を干し、
そのままデッキの物干し竿に洗濯物を移動させます。

デッキに下りずに干せるのでおススメです。
ただ、脱衣所に洗濯機があるのですが、脱衣所と寝室がもう少し近かったらもっと楽でした。

キッチンは対面で、カウンターに食器やお料理を置いて配膳ができるので楽です。
キッチンと横並びで脱衣所があります。

朝はキッチンと脱衣所の往復になるので、使いやすい導線ですよ。

洗面台は来客時にもよく使われるので、独立させました。
脱衣所にあると、お風呂場や、着替えなどの収納が目に入ってしまうのが嫌でした。

きれいに『見せる収納』なんかができればいいのですが、なにしろズボラなもので。
子供も大人も水を飛び散らせるので、大きな洗面台はおススメです。
掃除もしやすいし使いやすいですよ。

最後まで作るか迷った勝手口ですが、キッチンと脱衣所の間に作りました。
やはりゴミを出すときや、子供が泥だらけでお風呂に直行させたいときなどに
とても役に立っています。

マイホームを計画している方や、リフォームをお考えの方に少しでも参考になれば嬉しいですね。

まとめ|共働き夫婦の家事分担

家事を効率よくこなすには、分担すること。環境を整えること。
それから、うまく手を抜くということでしょうか。

家事の分担も、しっかりと担当を決めて責任をもってやるという方法もあるし、
うちのようにきっちり決めずにやる方法もあります。
どちらかが手伝うという形もあるでしょう。

どの場合でも、思いやりの心を持つことが必要です。

いつもやる家事でも、当たり前ではないという意識を持つと
きっとお互いが気持ち良く家事ができるでしょう。

間取りは簡単には変えられないので、導線を見直す、家事が楽になるグッズなどを購入するなど、
工夫してみると新しい発見があるはずです。

お風呂掃除が面倒くさかったら、シャワーでいいじゃないですか。

ご飯もレトルトやお惣菜を活用したり、たまには外食もいいですよね。

資源ゴミなら次の時でもいいんです。

これしなきゃ、あれもしなきゃとストレスを溜めるくらいなら、手抜きをしましょう。

お互いがやってもらってありがたいという、感謝の気持ちを忘れないようにすれば、
きっと気持ちよく過ごせるはずです。