休日の過ごし方で疲れを取る方法は?疲れの原因と解消法

お仕事に家事、育児など日々のやるべきことに追われていると、どんどん疲れが溜まっていってしまいます。

 

その疲れを休日にきちんととり、体も心もすっきりとした状態でまたお仕事を始めたいですよね。

疲れが溜まった状態で仕事や家事をしていても効率的ではありません。

 

どのように休日を過ごすと日々の疲れはとれるのでしょうか。

 

また疲れたなと感じることは誰でもあると思いますが、なぜ疲労感は蓄積されていってしまうのでしょうか。

 

休日にしっかりと疲れをとる過ごし方や、疲労感の原因について調べてみましたので、紹介いたします。

疲労蓄積の原因とは?

疲労には大きく分けて3つにわかれています。

肉体的疲労、精神的疲労、神経的疲労の3つです。

肉体的疲労

肉体的疲労の主な原因は筋肉を動かすためのエネルギーの不足、そして乳酸と呼ばれる疲労物質の蓄積があります。

筋肉は酸性に弱いため、乳酸が蓄積されると十分に働けなくなり、筋肉の張りや疲れやだるさへと繋がります。

 

またパソコンや車の長距離の運転など、同じ姿勢を続けると一部の筋肉が緊張した状態になり、そこに乳酸が溜まって筋肉の働きが悪くなります。

筋肉は適度に動かさないとどんどん弱くなり萎縮してしまいます。

そのため体を動かさないでいることが、疲れやすい身体を作る原因になってしまいます。

精神的疲労

精神的疲労の主な原因は人間関係や悩みごとなど様々なストレスにより起こる心の疲れです。

職場や学校、近所付き合いなどの人間関係がうまくいかずに悩んだ状態を続けたり、悩みごとを解決できないままでいる状態を続けていると心の疲れがどんどん蓄積していってしまいます。

 

初めは些細な悩みでも解決せずに過ごしていることで悩みはどんどん大きくなっていき、心の負担も増えていきます。

そのため、精神的な疲労感が大きくなってしまいます。

神経的疲労

神経的疲労の主な原因はデスクワークなどで視神経や脳が緊張した状態が続くことで起こる頭の疲れです。

また近年ではスマートフォンの普及により長時間スマートフォンを見るなどすることも視神経の疲れに繋がるといいます。

 

肉体的疲労、精神的疲労、神経的疲労の3つはどれも密接に関わっているのです。

 

疲労を感じてもこのくらい大丈夫だと思って放っておくと、ますます疲れが蓄積されていきます。

 

疲れには3つの種類があり、それらが関わりを持っているのですね。

少しくらい疲れても大丈夫と放っておいてしまうと、疲れがどんどん蓄積されてしまいそうなので、我慢せず、リフレッシュできるように心がけるようにしましょう。

休日で疲れをとる過ごし方ベスト5選

疲れが蓄積する原因はわかりましたが、休日その疲れをしっかりとる過ごし方はどのようにしたら良いのでしょうか。

心も体もすっきりとするために、しっかりと休日に疲れをとらなくてはいけません。

どのように過ごすと良いのか調べてみました。

早起きをする

休日だからといって、あまりにダラダラ過ごすのはかえって脳が疲れてしまいます。

日中家でじっとしているというのは一見体を休めているように感じますが、そうではないのです。

日中有意義に過ごすためにもあまりだらけ過ぎず、朝寝坊し過ぎない方が疲れがとれるのです。

散歩やジョギングなどの軽い運動をする

休日もあまりダラダラとせずに散歩やジョギング、ストレッチやプールなど軽い運動をするとリフレッシュできます。

軽めに運動することで、しっかりの睡眠をとることができ、疲れが解消できるといいます。

張り切り過ぎず、軽めに体を動かす方が良いですよ。

悲しい映画やドラマや本などを見る

ストレスを和らげるのには、寝ることよりも泣くことの方が効果があるそうですね。

悲しい映画やドラマを見たり、泣ける本を読んで、思い切り涙を流して、ストレスを和らげましょう。

涙を流して泣くことで、すっきりするかもしれません。

スマートフォンを触らない

休日、つい時間ができるとスマートフォンをいじっていたりすることがあると思います。スマートフォンを触っている時間は意外と長いです。

スマートフォンでSNSを見たりすると目も疲れてしまいますし、リフレッシュどころかかえって疲れが溜まってしまいます。

スマートフォンを触らない時間を作り、目を休めましょう

ゆっくりと湯船に浸かる

暑い日や、忙しくて時間がない日はシャワーだけで済ましてしまう人もいるかもしれませんが、ゆっくりと湯船に浸かることでリラックスでき、血行も良くなり疲れもとれます。

休日はゆっくりと湯船に浸かり、疲れを解消しましょう。

 

休日だとついだらけてしまいがちですが、メリハリをつけて、休日を過ごした方が疲れがとれるということが分かりました。

 

休日こそ軽めの運動をして体を動かし、リフレッシュしてみたいと思います。

また日々忙しいとゆっくり湯船に浸かる時間もありませんが、休日はゆっくりと湯船に浸かり、リラックスしたいと思います。

まとめ|休日の過ごし方で疲れを取る方法

疲れには肉体的疲労だけでなく、精神的疲労もあります。

ストレスを感じやすい現代ですが、あまり考え過ぎず、ストレスを溜めずに過ごすことも大切なのかなと思いました。

 

心も体も疲れてしまうと、良い結果は生まれないと思います。

疲れがどんどん蓄積される前に休日にしっかりと疲れをとり、リフレッシュできるように心がけていきたいですね。

 

ついダラダラ過ごしてしまう休日ですが、有意義に過ごすためにも体を動かしたり、気分転換にでかけたりしていこうと思います。

 

疲労感を溜めず、気持ち良い毎日が過ごせるように日々心がけていきたいです。