プチ断食の方法や効果、注意点は?この差って何ですか(12月17日)

12月17日のこの差ってなんですか?で今話題の『プチ断食』が紹介されます。

本格的な断食ではなく1、2日程度の短期間のプチ断食が今流行りなんだとか。

これから年末から年始に向けておいしい誘惑がたくさんありますよね。おいしいものはたくさん食べたいけど,体重も気になるし,食べ過ぎは体にも良くないですよね。

そんな時にプチ断食はもってこいなのではないでしょうか?断食というと無理!ってなりますが,『プチ』と言われると試してみようかな?ってなりますよね。

今話題のプチ断食はどんなものなのでしょうか。方法や効果、注意点について気になったので調べてみました!

プチ断食の効果は?

もちろん続けることでダイエット効果もありますが、体の不調が改善していくことがすごいと思います。

食べ物の消化に使っていた血液とエネルギーを他の部分に使えるので自然治癒力が増し、体の不調なところが改善されるという仕組みです。

老廃物の排出にも効果てきめんです。

肩こりや腰痛にも効果があるそうなので、私も試してみたいと思いました。

また、断食によって嗅覚や味覚が研ぎ澄まされているので、回復食がとてもおいしく感じるそうです。

食生活の改善にもなりそうですね。

『この差って何ですか?』12/17(火) グラビアアイドル界のタブー!? 写真加工について切り込む!【TBS】

番組では3週間のプチ断食を行ったようです。すると随分体重の変化がみられたようです!

プチ断食をしている人の声を集めてみました!

 

 

体をリセットするためだったり,体の調子を整えるためであったり。また,プチ断食後の一口目の美味しさを実感することもできるようですよ。

私もプチ断食ではないですが,この気持ちわかります!

健康診断のため絶食していて,その後の食事ってすごくおいしいですよね!

それに,「あぁ,半日食べなくてもそんなにお腹が空かないんだ!」って感じます。たぶん普段は食べ過ぎなんですよね。

プチ断食のメリット&デメリット

プチ断食経験者のツイートを見ていると,いいことばっかりのように思いますね。

断食でも“プチ”だと週末や休みを利用して手軽にできることがメリットなのです。そして,短期間であることが体にも精神的にも負担が少ないというメリットがあります。

では,デメリットは何でしょう。

これは短期間であるために,大きな効果が得られないこと,デトックス効果がそれほどないことなどだそうです。

プチ断食を定期的に取り入れると体の変化を感じやすくなるそうです。番組でも3週間という期間で行っているようです。

プチ断食の方法は?

8時間ダイエット

午前9時から午後5時までの8時間,または午前11時から午後7時までの8時間以内なら「何を食べてもいい」という素敵なダイエットなのです。

ただし,この8時間で一日分を食べてしまうのはもちろんNGです。16時間空腹時間を作ることが大切なので,いつも通りの食事で,何も食べない時間を多めに作るという気持ちがポイントです。

 

8時間ダイエットを実践している人の声です。

10日で2キロとはすごいですよね。そして,時間の制限があってもそんなに大変ではないみたいですね。

ファスティング

この言葉もよく聞きますよね。ファスティングとは断食という意味です。最近話題のファスティングは「酵素ドリンク」を飲んで,一定期間固形物を取らないという断食なのです。そのため,例えば3日のファスティングといっても酵素ドリンクや水分は摂ることができるのです。

 

酵素ドリンクを飲むファスティングは内臓の休息ができますが,必要な栄養素の摂取はできるというのです。

酵素ドリンクは種類がたくさんありますが、優光泉という酵素ドリンクは、断食道場が開発したということで注目を集めているようです。

例えば、朝食は優光泉+スムージーやヨーグルト、昼食は普通食、夜は優光泉のみといった感じです。

これを1週間ぐらい続けるとダイエット効果や体調の改善がみられるそうです。

他にも人気の酵素ドリンクはありますし、朝食や昼食を置き換える人、1食の食べる量を減らして+酵素ドリンクというやり方もあります。

コスパやそれぞれのライフスタイルに合わせられるのも魅力ですね。

週末プチ断食

断食は空腹との戦いですよね?そんなとき,週末断食だと出かけて気を紛らわせるということも出来ますよ。そのため,今人気があるようです。

金曜日を予備日として、土曜日に断食、日曜日に回復食という方法が週末プチ断食です。

断食前日の金曜日は、朝食、昼食の量を普段の8割程度に抑えて、夕食は普段の半分程度の量を寝る3時間以上前に摂取。

土曜日は、水分(1.5リットル以上)のみ。野菜ジュースなどもOK。

日曜日は、回復食として消化にいいものを少しずつ摂取していかなければならないようです。

断食で臓器が休んでいる状態なので、おかゆやイモ類、豆類、野菜などを柔らかくしたものを食べるのがおすすめです。

これならできますよね。

私も無意識にプチ断食状態のことがあります。予定が立て込んでて,朝食を食べれず,昼も食べれなくて,その日の初めての食事が夕方だったり。ただし,回復食や日曜の朝食を気を付けないと吸収が良くなってしまうのです。残念ながら,私は夕食でがっつり1日分食べるので,これでは逆効果のようです!

 

 

週末断食は手軽にできるので試している人も多いですね。

プチ断食注意点!

プチ断食といってもやってはいけない人もいます。

成長に栄養が必要な中学生以下の人はもちろんのこと、高齢者や薬を飲んでいる人も体調不良につながるのでやってはいけないようです。

プチ断食は、断食後の回復食が一番重要です。

断食後は体が栄養を欲している状態。

すべて吸収しようとしてしまうので、脂っこいものや糖分、塩分の高いもの、化学調味料が入っている食品も避けた方がいいようです。

プチ断食の方法や効果、注意点は?まとめ

今回は,この差ってなんですか?で紹介されるプチ断食について調べてみました。

プチ断食はあまりストレスを感じることなく手軽にできそうですね。

個人差はあるかと思いますが,定期的にプチ断食を取り入れることで体の調子も良くなるとか⁉

注意点もたくさんありますが、ダイエット効果や体調改善につながるならやってみたいと思う方もたくさんいると思います。

私は、食の大切さや命をいただいているということを強く感じられるイベントとしても素敵だなと思いました。

どのプチ断食がどんな成果を出せるのか番組が楽しみですね!